コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘性率 ねんせいりつ coefficient of viscosity

7件 の用語解説(粘性率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘性率
ねんせいりつ
coefficient of viscosity

流体の粘性の大きさを表わす定数。粘度,粘性係数ともいう。いま,流れの速度 u が,それと直角の y 軸方向に変化しているとすると,y 軸に垂直な面に対して,面に平行な方向に粘性力が働く。粘性流体においては,単位面積あたりの粘性力 τ は速度勾配 ∂u/∂y に比例し,τ=μ∂u/∂y で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねんせい‐りつ【粘性率】

流体の粘性の度合い。流体の速度が、流れに垂直なある面で異なるとき、その速度の勾配に比例して働く摩擦力の大きさ。気体では温度とともに増加するが、液体では減少する。内部摩擦係数。粘性係数。粘度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粘性率【ねんせいりつ】

流体の粘性の大小を表す数。流体の流れの方向にx軸をとり,それに直角なy方向の単位長さあたりの速度uの変化(速度勾配(こうばい))をΔu/Δyとすると,yに垂直な面を通して両側の速度差を減らそうとする方向に働く接線応力FはηΔu/Δyで表される。
→関連項目ストークスの法則動粘性率粘度計乱流レーノルズ数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

粘性率【viscosity coefficient】

単に「粘性率」あるいは,粘度*というときには,粘性流体の変形の応力と変形速度の比(簡単には一次関数と見なすので)として定義される.単位はポアズ(cgs単位系),SI単位系ではパスカル秒(Pa・s).

なお,これを密度で割った値を「動粘性率」という.cgs単位系での単位はストークス(St),SI単位系ではm2s-1 が単位となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

粘性率

流体がx軸に平行に流れ,速度uy方向に変化しているとき,y軸に垂直な面にはη∂u/∂yの大きさの接線応力が現れる.比例定数ηを粘性率といい,流体によって定まる物質定数である.流体の密度をρとすると,η/ρを動粘性率という.一般に温度が上がると液体では粘性率が減少し,気体では増加する[長倉ほか : 1998].単位はSI系でPa・s(パスカル・秒)である.CGS系ではP(ポアズ,poise, 1P=0.01Pa・s)で示し,20℃における水の粘性は0.01Pである.岩石の熔融体の粘性は1 400℃で,玄武岩の10Pから黒曜岩の105に変化する.1 200℃では玄武岩は103P,黒曜岩では107Pである.岩石の粘性率の測定値は温度,岩質により様々であり,これらを集めた文献がある[鈴木 : 1994, Clark : 1966, 可児 : 1933, 久野 : 1954, 東京天文台 : 1986, 荒牧 : 1979, Scarfe, et al. : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

粘性率

 →粘度

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねんせいりつ【粘性率】

流体の粘性の度合を表す語。運動する流体中のある面に対して、その接線方向に現れるずれ応力の大きさは、面に垂直な方向の速度勾配に比例する。その比例定数を粘性率という。物質の種類、温度によって変化する。 SI 単位でパスカル秒(記号 Pa・s)、 CGS 単位ではポアズ(記号 P )。粘度。粘性係数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の粘性率の言及

【粘性】より

…τは速度こう配に比例し,ニュートンの粘性法則, τ=μ∂u/∂yに従う。比例定数μは粘性率coefficient of viscosity,または粘性係数と呼ばれ,物質によって異なり,液体のほうが気体よりはるかに大きい。また温度によってもかなり変化し,一般に気体では温度が上昇するとそれにつれて増加するが,液体では逆に減少する。…

※「粘性率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粘性率の関連キーワード渦度静圧軸流二次関数方向係数ストークスの流れの関数プレーナ‐ホール効果ポアッソン比移動層船体運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone