コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーク クラーク Clark, Abraham

54件 の用語解説(クラークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラーク
クラーク
Clark, Abraham

[生]1726.2.15. ニュージャージー,エリザベスタウン
[没]1794.9.15. ニュージャージー,エリザベスタウン
アメリカ独立革命期の政治家。独立宣言署名者の一人。 1776年ニュージャージー植民地から大陸会議代表に選出された。 87年フィラデルフィア合衆国憲法制定会議に出席。 91~94年連邦下院議員として活動。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Alvan Graham

[生]1832.7.10. マサチューセッツフォールリバー
[没]1897.6.9. マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカ合衆国天文学者。父と兄弟とで天体望遠鏡の製作会社を経営。1897年,当時世界最大口径の 40インチ (約 102cm) のレンズを製作,シカゴ大学ヤーキズ天文台に納めた。1862年にはシリウスの伴星白色矮星シリウスB)を発見し,フランス科学アカデミーからラランデ賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Barrett Harper

[生]1890.8.26. トロント
[没]1953.8.5. ニューヨーク
アメリカの演劇学者,劇評家。シアター・ギルドの文芸部や『ドラママガジン』誌編集の仕事にたずさわるかたわら,多くの著書,編書を出版。主著『現代フランスの劇作家』 Contemporary French Dramatists (1915) ,『今日の英米演劇』 British and American Drama of Today (15) ,『ユージン・オニール,人と作品』 Eugene O'Neill,the Man and His Plays (29,増補版 47) ,『ヨーロッパ演劇理論』 European Theories of the Drama (47) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Colin Grant

[生]1905.11.2.
[没]1989.9.4.
イギリスの経済学者。オックスフォード大学卒業後,ハーバード大学の助手を経て,1931~37年ケンブリッジ大学で統計学を講義。その後オーストラリアに渡り,メルボルンシドニーなどの大学の客員講師をつとめるかたわら,労働産業省次官,産業局長,クイーンズランド財務省顧問などの官職を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Edward Warren

[生]1849
[没]1907
御雇外国人。勝安芳 (→勝海舟 ) の依頼で,1871年来日,3年間静岡藩の教師をつとめ,次いで 73~74年東京開成学校の教師をつとめた。 75年いったん帰国,再び来日して勝安芳から『幕府始末』を聞き,また『勝安房伝』 Katz Awa,the Bismark of Japan (1904) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Francis Edward

[生]1851.9.12. カナダケベック
[没]1927.5.25.
アメリカの会衆派教会牧師。キリスト教青年運動の指導者。ポートランド教会牧師 (1876) ,フィリップ教会牧師 (83) を歴任。「統一キリスト者共励協会」 United Society of Christian Endeavorを組織し (81) ,青年運動を各地に広め,のちに国際的な組織となった「世界キリスト者共励協会」 World's Society of Christian Endeavorの会長をつとめた (87) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, George Rogers

[生]1752.11.19. バージニアシャーロッツビル
[没]1818.2.13. ケンタッキールイビル近郊
アメリカ独立戦争期のバージニア民兵司令官。1774年ダンモア卿戦争に参加。独立戦争ではバージニア民兵を率い,アレガニー山脈の西部を転戦して戦功を立て,戦後は北西部の土地割当て業務やインディアンとの交渉にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, John Bates

[生]1847.1.26. ロードアイランドプロビデンス
[没]1938.3.21. ニューヨーク
アメリカの経済学者。アマースト大学卒業後ドイツに留学 (1872~75) ,K.クニースを中心に歴史学派に学ぶ。帰国後カールトン大学,スミス・カレッジアマースト大学教授を経て 1895年コロンビア大学教授,1923年同名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, John Maurice

[生]1884.11.30. マサチューセッツ,ノーサンプトン
[没]1963.6.27. コネティカットウェストポート
アメリカの経済学者。 J.B.クラークの子。 1905年アマースト大学卒業後コロラド,アマースト,シカゴコロンビアの各大学で教鞭をとり,第2次世界大戦中は物価安定局をはじめ多くの官職をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Sir Kenneth

[生]1903.7.13. ロンドン
[没]1983.5.21. ケント
イギリスの美術史家。オックスフォード大学で美術史を学んだのち,フィレンツェに渡って B.ベレンソンに師事しイタリア美術を研究。 1934年より 11年間ロンドンのナショナルギャラリーの館長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Mark Wayne

[生]1896.5.1. ニューヨーク,マジソンバラックス
[没]1984.4.17. サウスカロライナチャールストン
アメリカの陸軍軍人,大将。 1917年陸軍士官学校卒業,第1次世界大戦に参加。第2次世界大戦では,42年 D.アイゼンハワー司令官代理として,連合軍の北アフリカ進攻作戦中,各連合国軍との折衝に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Walter van Tilburg

[生]1909.8.3. メーンイーストオーランド
[没]1971.11.10. ネバダ,レノ
アメリカの小説家。少年時代をネバダでおくり,ネバダ大学,バーモント大学を卒業後,教職を経て作家生活に入った。西部を舞台にしながら,いわゆる西部物にみられる類型的人物に人間的解釈を加え,独創的な鋭い洞察に富んだ悲劇的作品を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, William

[生]1770.8.1. バージニア,カロライン
[没]1838.9.1. ミズーリセントルイス
アメリカの軍人,探検家,行政官。 1789年軍隊に入り,対インディアン戦闘に従軍。 M.ルイスとともに「ルイスクラーク探検」に着手。 1803年以来3年を費やしてミズーリ,コロンビア両川流域を経て太平洋岸にいたる道程を調査。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, William Andrews

[生]1839.1.8. ペンシルバニア,コネルスビル
[没]1925.3.2. ニューヨーク
アメリカの産業資本家,政治家。 1863年以来コロラドおよびモンタナ地方で鉱山を経営。 99~1900年モンタナ州選出の連邦上院議員となったが選挙詐欺行為の疑いで告発された。上院調査委員会から合法性の結論を得たが辞職。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, William Smith

[生]1826.7.31. マサチューセッツ,アッシュフィールド
[没]1886.3.9. アマースト
アメリカの教育家で化学鉱物学者。アマースト大学卒業後,ドイツ,ゲッティンゲン大学で博士号を取得。帰国後,母校の教授などを経て,1867年マサチューセッツ農科大学の学長に就任。 76年,北海道開拓使長官黒田清隆に招かれて来日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Alexander Ross

[生]1828.12.16. サザンランドシャー
[没]1914.2.11.
イギリスの測地学者。簡単な三角測量の方法を考案し,1861年,イギリスで最初の測地学的調査の結果を刊行した。なお扁平楕円体としての地球の長径,短径を計算 (1866) ,のちに測地学,物理学国際連合でこの数値が採用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Sir Arthur.

[生]1917.12.16. イギリス,マインヘッド
[没]2008.3.19. スリランカコロンボ
イギリスの SF作家。フルネーム Sir Arthur Charles Clarke。 1945年今日ある通信衛星を予見,近未来を扱った『地球光』 Earthlight (1955) ,『渇きの海』A Fall of Moondust (1961) などのほか,彼の短編をもとにしたスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』 2001: A Space Odyssey (1968) の制作に協力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Charles Cowden

[生]1787.12.15. ミドルセックス,エンフィールド
[没]1877.3.13. ジェノバ
イギリスの批評家。キーツの友人。『チョーサー物語』 Tales from Chaucer (1833) ,『シェークスピアの劇中人物』 Shakespeare Characters (63) などの著書があり,夫人メアリーとの共著に『作家の思い出』 Recollections of Writers (78) ,『シェークスピアを開く鍵』 The Shakespeare Key (79) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Edward Daniel

[生]1769.6.5. サセックス,ウィリングトン
[没]1822.3.9. ロンドン
イギリスの鉱物学者,旅行家。ヨーロッパから小アジアまで旅行し,鉱物や古代の遺物を収集,またその見聞録を刊行。最初のケンブリッジ大学鉱物学教授 (1808) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Frank Wigglesworth

[生]1847.3.19. ボストン
[没]1931.5.23. ワシントンD.C.
アメリカの地球化学者。ハーバード大学で化学を学ぶ。コーネル大学助手 (1869) 。ボストン歯科大学化学講師 (70) 。ハーバード大学化学および物理学教授 (73) 。シンシナティ大学教授 (74) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Jeremiah

[生]1674頃.ロンドン
[没]1707.12.1. ロンドン
イギリスの作曲家,オルガニスト。初め王室礼拝堂の聖歌隊歌手をつとめた。 1692年ウィンチェスターカレッジ,95年セント・ポール大聖堂,1704年王室礼拝堂の各オルガニストに任命された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, John

[生]1609.10.8. サフォーク,ウエソープ
[没]1676.4.28. ロードアイランド,ニューポート
アメリカのバプテスト派牧師。 1637年イギリスからボストンに移住し,39年ロードアイランド植民地建設に参加。 51~64年イギリスでロードアイランドの立場を弁護し,その自由主義的な政治機構を維持して本国の干渉を防ぐことに努力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clarke, Samuel

[生]1675.10.11. ノーウィッチ
[没]1729.5.17. レスター
イギリスの神学者,哲学者。ケンブリッジ大学でデカルト哲学を修め,同時にそこで知ったニュートンの物理学の新説を深く研究し,その流布に貢献したが,またニュートンにも影響を与えた。彼は神の存在の証明を可能なかぎり数学的方法によって行おうとし,また道徳の原理は数学的命題と同程度に確実なものであるから理性だけでも知りうるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
kulak

「げんこつ」を意味するロシア語ロシアの富農をさす。 1861年の農奴解放 (→農奴解放令) 以後階級として形成され,十月革命以前には農村ブルジョアジーとして大きな勢力をふるっていた。革命後ソビエト政権は各地に貧農委員会を組織してクラーク撲滅をはかったが,ネップ (→新経済政策 ) 期にその政策は一時中断された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Helen

[生]1950.2.26. ハミルトン
ニュージーランドの政治家。首相(在任 1999~2008)。ハミルトン西のテパフの牧場で育つ。オークランド大学で政治学を専攻して 1971年に学士号,1974年に修士号を取得し, 1973~81年同大学で教鞭をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラーク
クラーク
Clark, Joe

[生]1939.6.5. ハイリバー
カナダの政治家。首相(在任 1979~80)。本名 Charles Joseph Clark。アルバータ大学で 1960年歴史学の学士号,1973年政治学の修士号を取得。1957年から進歩保守党の支持者として政治活動に携わり,1962~65年進歩保守学生連盟の全国委員長,1967~70年同党党首ロバート・スタンフィールドの秘書を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラーク(clerk)

事務員。職員。吏員。また、販売員。

クラーク(〈ロシア〉kulak)

ロシアの農村にみられた富農層。十月革命後、1929年から行われた農業経営の集団化により消滅した。

クラーク(William Smith Clark)

[1826~1886]米国の教育家。マサチューセッツ農科大学長。1876年(明治9)来日。札幌農学校の初代教頭となり、キリスト教精神に基づく新教育を実施。在日1年足らずだったが、内村鑑三新渡戸稲造(にとべいなぞう)らの学生に深い感化を及ぼした。離日に際して残した「Boys, be ambitious(少年よ大志を抱け)」の言葉は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラーク

米国の天体望遠鏡製作者。1846年2子と光学器械の会社をつくりワシントン天文台(口径66cm),プルコボ天文台(76cm)等の屈折望遠鏡を製作。子オルバン・グレアム・クラーク〔1832-1897〕は父の仕事を継いでリック天文台(91cm),ヤーキス天文台(102cm,世界最大)の屈折望遠鏡を製作。

クラーク

英国の経済学者,統計学者。産業を農林漁業等の第一次産業鉱工業等の第二次産業サービス業等の第三次産業に分け,国民所得の増大,経済の発展につれ第二次,第三次へと産業の重点が移行することを統計的に実証した(ペティの法則)。
→関連項目産業分類

クラーク

米国の経済学者。コロンビア大学教授。ドイツ歴史学派の影響も受けたが,限界効用学派の立場から限界理論を生産と分配の全分野に適用し,資本の限界生産力が賃金や利子を決定するという分配論を展開し(《富の分配》),アメリカ近代経済学の創始者となった。
→関連項目限界生産力説利子

クラーク

英国の美術史家,評論家。ロンドン生れ。オックスフォード大学で学んだ後,フィレンツェでベレンソンに師事し,ルネサンス美術を研究する。1933年から1945年までロンドンのナショナル・ギャラリーの館長,その後もアーツ・カウンシルの議長を務めたり,美術に関するテレビ番組の制作に参加するなど,美術界全般にわたって指導的役割を果たした。

クラーク

米国の科学者,教育家。アマースト農業大学の初代学長(1867年―1878年)。その間1876年―1877年招かれて札幌農学校北海道大学の前身)教頭として滞日。

クラーク

英国のSF作家。科学者としての啓蒙的な著作も多い。《幼年期の終り》(1953年)は初期の代表作。《ラーマとのランデブー》(1973年)にはじまる連作,《楽園の泉》(1979年)など。
→関連項目SF

クラーク

ロシア農村の富裕な層。ロシア語の原意は拳(こぶし)。もともと高利貸,投機業者などをさしたが,1890年代以降は他人を搾取する富農を意味するようになり,20世紀初頭に全農家数の5分の1に及んだとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クラーク Clark, William Smith

1826-1886 アメリカの教育者。
1826年7月31日生まれ。母校のアマースト大教授をへてマサチューセッツ農科大学長。明治9年(1876)開拓使にまねかれ,札幌農学校(現北大)初代教頭となる。キリスト教にもとづく人格教育をおこない,内村鑑三,新渡戸稲造(にとべ-いなぞう)らに影響をのこした。10年帰国。1886年3月9日死去。59歳。マサチューセッツ州出身。
【格言など】少年よ,大志を抱け

クラーク Clarke, Edward Bramwell

1874-1934 イギリスの教育者。
明治7年1月31日横浜生まれ。ケンブリッジ大卒業後,明治30年日本にもどり,慶応義塾,一高,三高,京都帝大などで英語,英文学を講義。ケンブリッジ大ラグビー選手の経験をいかし,慶応義塾の学生に日本ではじめてラグビーをおしえた。昭和9年4月28日京都で死去。60歳。

クラーク Clark, Edward Warren

1849-1907 アメリカの教育者。
1849年1月27日生まれ。グリフィスの推薦で明治4年(1871)来日。勝海舟(かいしゅう)の招きにより静岡学問所で英学,物理,化学を,6年開成学校(現東大)にうつり化学をおしえた。8年帰国,牧師として活動。1907年6月5日死去。58歳。ニューハンプシャー州出身。ラトガーズ大卒。著作に「日本滞在記」「勝安芳(やすよし)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

クラーク

没年:1907.6.5(1907.6.5)
生年:1849.1.27
明治初期に来日したアメリカ人教師。化学者にして宣教師ニューハンプシャー生まれ。明治4(1871)年,静岡県に外人教師を招く際,勝海舟の斡旋で福井・明新館で教えていたグリフィスの友人クラークが選ばれた。契約書のなかに宣教を禁じる項があったが,岩倉具視の計らいで,静岡学問所で英学と自然科学を教えながら,自宅に学生を招いて伝道にも尽くした。こうした宣教はのち,山路愛山,山中共古(笑)らを育む静岡バンドになっていった。また『自由の理』の訳者中村正直に感化を与え,その序文を書いた。そこで政府の中央集権政策を批判している。同6年東京開成学校に移り化学,バイブルを教える。<著作>飯田宏訳『日本滞在記』

(芝哲夫)

クラーク

没年:1886.3.9(1886.3.9)
生年:1826.7.31
アメリカの教育者。明治初期来日したお雇い外国人教師。マサチューセッツ州の医師アサートンと妻ハリエット・スミスの子に生まれた。アマースト大学,ドイツ・ゲッチンゲン大学に学び化学,鉱物学を専攻。帰国後,アマースト大の化学教授となり15年間勤務。この間,北軍士官として2年間南北戦争に参加。1867年,マサチューセッツ農科大学長に就任。明治9(1876)年,北海道開拓使の招きで来日。札幌農学校(北海道大学)の初代教頭として実験農場での実際的教育,聖書に基づく人格教育をめざす。翌年帰国に際し,「少年よ,大志を抱け」と学生を励ました。わずか8カ月余りの期間であったが,彼の教育者としての能力が最高度に発揮され,1期生から佐藤昌介(のちの北海道帝国大学長),内田瀞(北海道農業の基礎確立の功労者),直接教えてはいない2期生からも内村鑑三,新渡戸稲造ら日本を代表するクリスチャンを生む。帰国後は鉱山事業に失敗し,晩年は不遇。

(吉家定夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

クラーク

北海道、札幌開拓使麦酒醸造所が製造する地ビール。「開拓使ビールシリーズアルトタイプ

クラーク

《Clark》MLBに加盟するプロ野球チーム、シカゴ・カブスチームマスコットカブス初の公式マスコットとして2014年に登場。モチーフはクマ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラーク【kulak】

ロシア語のクラーク(拳)から出た言葉で,ロシア農村の富裕な層をさす。もともとは主として高利貸,買占人,投機業者などを意味したが,1890年代以降は,農村の資本主義的関係の発展を背景として,他人を搾取する富農を意味するようになった。しかしロシアの大半の富農は,ヨーロッパ的な意味での農業資本家とは異なって,みずから農作業に従事する農民という性格を維持していた。20世紀初頭に最高数(全農家の1/5)に達したとされる。

クラーク【Arthur Charles Clarke】

1917‐
イギリスのSF作家。1956年以後はスリランカに移住,海洋と宇宙を舞台に未来のテクノロジー社会を扱ったシリアスな作品を書き続け,代表作《幼年期の終り》(1953)は人類的視点に立った新しい形而上学として話題を呼んだ。《海底牧場》(1957),《宇宙のランデブー》(1973)などのほか,映画の小説版として書かれた《2001年宇宙の旅》(1968)や科学エッセー《未来のプロフィール》(1962)の著者としても知られている。

クラーク【Colin Grant Clark】

1905‐89
イギリスの経済学者,統計学者。南イングランド,コーンウォールのプリマスで商人の子として生まれた。ウィンチェスター校を経て,オックスフォード大学のブレーズノーズ・カレッジに学ぶ。1931年より37年までケンブリッジ大学の統計学講師。37年オーストラリアに渡り,メルボルン,シドニー,ウェスタン・オーストラリアの各大学の訪問教授,次いでオーストラリア連邦政府労働産業省次官,クイーンズランド州財政顧問などを歴任。

クラーク【John Bates Clark】

1847‐1938
アメリカの経済学者。ロード・アイランド州プロビデンスに生まれ,1872年にアマースト大学を卒業後ドイツに留学し,おもにハイデルベルク大学チューリヒ大学に学び,主としてK.クニースの指導を受けた。75年に帰国し,カールトン,スミス,アマーストの諸大学を経てコロンビア大学(1895‐1923)で教えた。アメリカ限界主義の父と呼ばれ,アメリカ経済学会の創設にも貢献し,その第3代会長を務めた。はじめ《富の哲学》(1886)において歴史学派の影響下に古典派経済学を批判したが,W.S.ジェボンズ,C.メンガー,L.ワルラスとは独立に,社会的観点を強調した限界効用価値論に到達した(〈限界革命〉の項参照)。

クラーク【Kenneth Mackenzie Clark】

1903‐83
イギリスの美術史家。ロンドンで富裕な有閑階級に生まれ,永年,イギリス美術史界の中枢の地位にあった。まずウィンチェスターおよびオックスフォード大学に学んだ後,フィレンツェの美術史家ベレンソンのもとで修業。ついでオックスフォードのアシュモリアン美術館管理官を経て,1934‐45年ロンドン・ナショナル・ギャラリー館長の職にあり,またほぼ同時期に王室絵画監督官も務めた。第2次世界大戦中は情報省で働き,戦後は,オックスフォード大学のスレードSlade美術史講座教授として教鞭を執った(1946‐50)。

クラーク【Samuel Clarke】

1675‐1729
英国国教会の聖職者。ケンブリッジ大学に学び,そこでニュートンの影響を受けた。ノリッジの主教J.ムーアに才能を認められ,彼のチャプレンchaplainとなる(1698)。1704年と05年に二つのボイルレクチャー(物理学者であり清教徒であったR.ボイルの設立した講演)をおこない,J.ロックの経験論に反論を加えた。06年ロンドンのセントベネット教会,09年ピカデリーのセント・ジェームズ教会牧師となる。

クラーク【William Smith Clark】

1826‐86
アメリカの化学者,教育家。アマースト大学,ゲッティンゲン大学に学び,アマースト大学で教え,マサチューセッツ農学校の校長になった。1876年日本政府の招きで来日し,札幌農学校教頭となり,2人の有能なアメリカ人教授とともに,北海道開拓に必要な人材養成に尽くした。内村鑑三,新渡戸稲造ら多くの人々が彼の残したキリスト教の遺産や科学的精神を自覚的にうけとり,日本の宗教,教育,北海道開拓の指導者となった。札幌滞在8ヵ月の後,77年の離日に際して〈青年よ,大志を抱けBoys,be ambitious〉と言い残した,という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラーク【clerk】

書記。事務員。
店員。

クラーク【kulak】

ロシアの、資産・資本を有する上層農民。社会主義革命後の農業集団化の過程で、階級としては消滅した。富農。

クラーク【Clark】

〔Colin Grant C.〕 (1905~1989) イギリスの経済学者。産業を第一次から第三次に分類し、産業が高度化するにつれて国民所得の増大がみられることを発見。著「経済進歩の諸条件」など。 → ペティー=クラークの法則
〔Kenneth Mackenzie C.〕 (1903~1983) イギリスの美術史家・評論家。ルネサンス美術の研究から出発し、自由な発想・文明史的視点から多数の美術評論を著す。著「レオナルド=ダ=ビンチ」「風景画論」「ザ-ヌード」など。
〔William Smith C.〕 (1826~1886) アメリカの教育者。1876年(明治9)来日、札幌農学校の教頭となるが1年足らずで帰国。そのキリスト教精神と科学教育は内村鑑三・新渡戸稲造らの人材を育てた。離日に際し学生に言い残した言葉「青年よ大志を抱け(Boys, be ambitious)」は有名。

クラーク【Arthur Charles Clarke】

1917~2008) イギリスの SF 作家。作品は確かな科学知識に裏付けられた近未来物と、思弁的な作風の超未来物とがあり、ともに人類に対する温かい信頼感を基調とする。著「幼年期の終わり」「都市と星」「 2001 年宇宙の旅」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラークの言及

【宇宙人】より

…それらの中には炭素のかわりにケイ(珪)素を主成分とし,砂を食べて砂に戻るような異色の生物も含まれており,それが知的生物であるのかどうかついにわからないまま物語は終わる。はたしてどういう生物を知的と認めるかという問題はその後のSFの重要なテーマとなっており,A.C.クラークは,《幼年期の終り》(1953)において,現代人が宇宙文明の中でまだ知的存在に達していないという,思い切った推論を展開した。またオールディスB.W.Aldissは《暗い光年》(1964)で,異なった知性への無理解が生み出す悲劇を扱っており,宇宙人の問題は知性をどうとらえるかという形而上学に発展している。…

【産業】より

…これらの総体を産業という。
【分類】
 産業を大きく第1次産業,第2次産業,第3次産業と分類したのは,フィッシャーAllan G.B.Fisherであったが,C.G.クラークはこれに広範な統計的裏づけを与えた。クラークの定義は次のとおりである。…

【産業構造】より

…したがって産業構造のあらわし方は,いろいろな産業分類や,産業指標によるのであり,一義的なものはない。 1940年イギリスの経済学者C.G.クラークは産業を第1次産業,第2次産業,第3次産業の三つに分類し,一国の経済の発展につれて労働人口,所得の比重が第1次産業から第2次産業へ,さらに第3次産業へ移動する(ペティの法則)という歴史的な傾向を実証した。日本についても図のように同じことがいえる。…

【ペティの法則】より

C.G.クラークは,産業を三つの種類に区別して,それぞれ第1次,第2次,第3次産業と名づけた。第1次産業は農業,林業,水産業などから成り,経済発展に伴いその比率は低下し,製造工業を中心とする第2次産業の比率が高まるという現象がみられる。…

【開拓】より

…歴史家F.J.ターナーは,西部開拓がアメリカの個人主義,経済的平等,立身出世の自由,民主主義を促進したと指摘している。このようなアメリカ開拓の精神と技術は,日本の北海道開拓にあたり,H.ケプロンやW.S.クラークによって伝えられたのである。【岡田 泰男】
[日本]
 日本における耕地の歴史については〈〉〈〉の項目を参照されたい。…

【札幌農学校】より

…同校は75年札幌に移転して札幌学校と改称,さらに翌76年札幌農学校と改称した。アメリカ人教師が指導したが,とくに初代教頭として就任したマサチューセッツ農科大学長W.S.クラークの影響は大きく,技術者のみならず内村鑑三,新渡戸稲造らの思想家を生んだ。その後,1907年に東北帝国大学農科大学となり,18年北海道帝国大学の創設にあたり,その中核として北海道帝国大学農科大学となった。…

※「クラーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラークの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラークの関連情報