コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Clarke,E. ClarkeE

世界大百科事典内のClarke,E.の言及

【クー・クラックス・クラン】より

…だがさしもの運動も1870年代の初頭にクラン取締りのための連邦法が成立したりして,急速に下火となっていった。しかし第1次大戦後,移民排撃や反ラディカリズムの高まりといった〈反動の時代〉が始まると,クラン運動も再び息を吹き返し,1920年代,クラークEdward ClarkeやタイラーElizabeth Tylerという2人の宣伝家を得て,全国的規模の運動へと発展していく。〈アメリカ出生主義〉と〈白人およびプロテスタント優越主義〉を運動のスローガンとして,〈外国的なもの〉と〈不道徳性〉をその主要な敵とする彼らの主張は,20年代のアメリカ社会に広く受け入れられ,クラン運動は,彼らの正義のシンボルとされる〈もえる十字架〉とともに,反黒人,反ユダヤ,反〈反戦論者〉,反ボリシェビキ,反カトリック,反進化論の運動となって展開し,24年には400万を超える会員を数える全国組織となった。…

※「Clarke,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Clarke,E.の関連キーワードクラーク数クラーク数造岩元素メガクラーク数斜交成層直線的斜交成層潜流痕トルバン岩昇華物硫気孔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android