コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダン・ジャズ・カルテット The Modern Jazz Quartet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モダン・ジャズ・カルテット
The Modern Jazz Quartet

1952年に結成されたアメリカのジャズ・グループ。略称 MJQ。メンバーはバイブ (ビブラフォーン) の M.ジャクソン,ピアノの J.ルイス,ベースの P.ヒース,ドラムスの K.クラークで,55年クラークが退団,C.ケイが加わった。同一メンバーで 22年間にわたって第一線に活躍したのち,74年惜しまれつつ解散。しかし 81年日本でのコンサートをきっかけに再結成され,室内楽的な温和なムードのなかに洗練された即興演奏を繰広げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モダン・ジャズ・カルテット

米国のジャズ・コンボ。MJQと略す。1951年にビブラフォン奏者のミルト・ジャクソンMilt Jackson〔1923-1999〕率いるカルテットとして結成された。メンバーは他にジョン・ルイスJohn Lewis(ピアノ),ケニー・クラークKenny Clarke(ドラムス),パーシー・ヒースPercy Heath(ベース)。4人はD.ガレスピーのビッグ・バンドのリズム・セクションの出身。後にルイスが音楽監督としてコンボの指揮をとった。バロック音楽とジャズの要素を併せ持つ洗練されたスタイルに特徴があり,幅広い聴衆の支持を得た。1955年にクラークが退団,新たにコニー・ケイConnie Kay(ドラムス)を迎える。息の長い演奏活動を続け,1974年にコンボは一時解消,その後は断続的ながらも活動を再開している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モダン・ジャズ・カルテット
もだんじゃずかるてっと
Modern Jazz Quartet

ピアニストのジョン・ルイスJohn Lewis(1920―2001)とビブラホーン奏者ミルト・ジャクソンMilt Jackson(1923―99)を主要なメンバーとして、1952年に結成された4人編成のアメリカのジャズ・グループ。略称MJQ。設立当初のメンバーは、ほかにベース奏者のパーシー・ヒースPercy Heath(1923―2005)、ドラム奏者のケニー・クラークKenny Clarke(1914―85)だったが、55年にクラークにかわってコニー・ケイConnie Kay(1927―94)がドラム奏者となって以来、74年から81年の中断期を除き、99年にジャクソンの死によって解散するまで、独自のグループ表現を維持しつづけたジャズ史上最長のレギュラー・コンボ。
 このグループが結成された当時、まだジャズ・バンドは臨時編成的な要素が残っており、メンバーの入れかわりも珍しいことではなかった。そうした時代に、後のロック・グループのように、リーダーの個人名でないバンド名称を名のったことの意義は大きい。それは著名なバンド・リーダーの名前で活動するメリットを捨て、グループ自体の独自性を主張するという音楽的発想の転換表明にほかならないからである。1950年代前半はジャズ史において、傑出したリーダーの即興性に大きく依存するジャズの演奏スタイル「ビ・バップ」から、グループ表現にも重点を置いたスタイル「ハード・バップ」への転換期にあたっており、彼らはその音楽思想を固有のバンド名、レギュラー・グループという二つの要素によって的確に表明している。というのも、グループ表現を行うにはメンバー相互の音楽的意思統一が欠かせず、臨時編成バンドでは不可能だからである。
 彼らの名前を冠した最初のアルバムは、1951年および52年の録音の『モダン・ジャズ・カルテット』である。これにはルイスとジャクソンが共演しているが、まだグループとしての「モダン・ジャズ・カルテット」は結成されていない時期の演奏と、結成後の演奏が収録されている。両者を聴き比べると、個人技優先の「ビ・バップ」から、よりグループ表現に傾いた「ハード・バップ」への移行過程が明確に聴き取れる。また、ジャズ史的に「ハード・バップ」が確立し、メンバーも完全にレギュラー化された55年のアルバム『コンコルド』では、一分のすきもないグループとしての統一感を実現した演奏を行っている。これらの演奏においては、ヨーロッパ的な音楽教養を身につけたルイスが音楽監督の役割を果たし、彼と、黒人音楽の伝統的感覚を表現しうるジャクソンとの絶妙なコラボレーションが、このグループの特色を生み出している。
 1956年にアメリカのジャズ専門誌『メトロノーム』Metronomeの人気投票でコンボ部門の第1位に選ばれる。同年、対位法を採用したバロック音楽的要素と、ジャズの即興性を巧みに融合させた傑作『フォンテッサ』を録音する。58年に初めて渡欧し、ヨーロッパ各地で絶賛を受けた。61年(昭和36)には初の来日を果たし、同年同じく初来日したジャズ・グループ、ジャズ・メッセンジャーズとともに、日本にジャズ・ブームを巻き起こす。「エレクトリック・ジャズ」が盛んになった74年、惜しまれつつ解散する。オーソドックスなジャズが見直されはじめた81年再結成され、ふたたびレコーディング、コンサートに活躍するが、99年ジャクソンの死によって永遠の解散を余儀なくされた。前記以外の代表作に、1960年の『ヨーロピアン・コンサート』がある。[後藤雅洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モダン・ジャズ・カルテットの関連キーワードモリソン(Van Morrison)オーネット コールマンオパス・デ・ジャズラスト・コンサートケニー クラークジョン ルイスコニー ケイピラミッドジャンゴ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android