DLT(読み)でぃーえるてぃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DLT

DECが開発したテープドライブの名称。1本のテープカートリッジに記録できるデータ量が大きく(非圧縮時最大20Gbytes、圧縮時最大40Gbytes)、かつデータ転送速度が高い(非圧縮時1.25Mbytes/sec)ことから、特に大容量のハードディスクを搭載するサーバーシステム用のバックアップストレージとして利用されることが多い。後にDECは同社のストレージ部門をQuantumに売却したため、現在DLTはQuantumの製品となっている。DLTは、家庭用VTRやDATドライブなどで採用されているヘリカルスキャン方式ではなく、固定式のヘッドを採用しながらテープの移動速度を高速にし、また複数チャネルを同時に読み書きできるようにすることで、転送速度を向上させている。またDLTはSCSI-2のコマンドセットに完全に準拠しており、ビルトインの診断機能、2Mbytesのデータキャッシュを利用した高速なデータ圧縮機能などを特徴としている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android