ECD(読み)イーシーディー

デジタル大辞泉の解説

イー‐シー‐ディー【ECD】[electrochromic display]

electrochromic display》電圧を印加すると、酸化還元反応により物質に色がついたり、光透過度が変化したりする現象を利用した表示装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

ECD

ヒップホップミュージシャン。1960年、東京都生まれ。本名は石田義則。妻は写真家の植本一子。87年、ラッパーとして音楽活動を開始。90年にシングル『Pico Curie』でデビューし、92年、アルバム第1作『ECD』を発表する。96年には東京都の日比谷野外音楽堂ヒップホップイベント「さんピンCAMP」を主催し、後進に大きな影響を与えた。2003年からは自主レーベル「FINAL JUNKY」より作品を発表しながら執筆活動にも取り組み、原発や安保法制に反対するデモにも精力的に参加した。16年にがんであることを公表して以降も音楽活動を続けていたが、18年1月24日に死去した。享年57。主な著書に『失点イン・ザ・パーク』『ECDIARY』『いるべき場所』などがある。

(2018-1-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ECDの関連情報