コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EDSAC エドサックEDSAC

デジタル大辞泉の解説

エドサック【EDSAC】[electronic delay storage automatic calculator]

electronic delay storage automatic calculator》史上初のプログラム内蔵計算機。1949年ケンブリッジ大学で開発。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のEDSACの言及

【コンピューター】より

…純電子的であることにより,ENIACはMark Iの約1000倍の速度を達成したが,メモリーは10桁の数のレジスターが20個であった。 ENIACの開発中からコンピューターに深い興味を示したフォン・ノイマンは,完全なプログラム内蔵方式を具現するEDVACの開発に参画したが,先に完成したのは,モーリス・ウィルクスMaurice WilkesによるEDSACである(1949年)。本項目で述べた意味での最初のコンピューターはEDSACである。…

※「EDSAC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

EDSACの関連キーワードバーチ・スウィンナートン=ダイアー予想モーリス・ビンセント ウィルクスエレクトロニクス史(年表)コンピュータ史(年表)コンピューターコンピュータウィルクスENIACSF映画電気工学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android