コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ESR 法 いーえすあーるほう

世界大百科事典内のESR 法の言及

【インゴット】より

… インゴットの製造法は,鋳型(インゴット・ケース)に鋳込んで鋳型の数だけ同時に造塊する方法と,周囲だけで底のない鋳型に鋳込んで連続的に鋳造する連続鋳造の2方法が多く行われている。そのほか,真空処理により窒素,水素,酸素などの量をコントロールする各種の真空造塊法,一度鋳造したインゴットを電極として,溶融スラグの電気抵抗熱によって再溶解し,スラグ中を滴下させて順次凝固させるエレクトロスラグ溶解法(ESR法)などが特別な場合に行われる。連続鋳造は,非鉄金属では早くから行われてきたが,近年では鉄鋼にも普及し,1980年には日本の粗鋼生産量の60%以上が連続鋳造で生産されるようになった。…

※「ESR 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ESR 法の関連キーワードスーパーインテリジェント触媒エレクトロスラグ溶解法ドイツ連邦共和国基本法宇宙開発史(年表)国際財務報告基準電子スピン共鳴常磁性共鳴吸収赤血球沈降速度ドイツ基本法スペクトル生物物理学トリーペル化学物理学年代測定ドイツマルク第二院ESR上院

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ESR 法の関連情報