コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ewald,J. EwaldJ

世界大百科事典内のEwald,J.の言及

【デンマーク】より

…これに対して,ドイツ敬虔主義詩人クロプシュトックが国王に招かれて約20年間(1751‐70)コペンハーゲンに滞在したことは,その後のデンマーク文学をドイツの模倣へと向かわせた。この変換の過渡期となる18世紀後半を代表する文人にエーバルJohannes Ewald(1743‐81)がおり,彼はフランス古典主義の作法に従いながらも,クロプシュトックからの示唆を受けて,古代北欧悲劇を書いた(1773年作《バルドルの死》はデンマーク文学初の本格的歌劇)。この後感傷主義(たとえばバッゲセンの旅行記《ラビリント》1792‐93)を経て,デンマーク文学の黄金時代とされるロマン主義の時期が到来する。…

※「Ewald,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ewald,J.の関連キーワードブラッグの関係式胃管ゲッティンゲン七教授事件ドイツ映画ミュラー(ドイツの心理学者 Georg Ellias Müller)迷走神経反射

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android