コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FWA えふだぶりゅーえー

2件 の用語解説(FWAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FWA

通信事業者と加入者宅を結ぶ回線に無線を利用する方式。NTTの市内回線網を利用せずに通信サービスを提供できることで注目される。接続方式には、2基の無線局で1対1の通信を行うP-P(Point to Point)方式と、1基の無線局とその周辺に設置した複数の無線局で1対多の通信を行うP-MP(Point to Multiple Point)方式の2つがある。P-P方式は最大伝送距離が4km程度で最大速度が156Mbps程度となる。また、P-MP方式は最大伝送距離は半径1km以内で最大速度が10Mbpsとなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

FWA

〖fixed wireless access〗
WLL

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FWAの関連キーワードアクセスチャージコモンキャリア電気通信事業法ラストワンマイル回線リセール新電電POI回線接続料公衆回線加入者回線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

FWAの関連情報