コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Freeman,W. FreemanW

世界大百科事典内のFreeman,W.の言及

【ロボトミー】より

…モーニスは,精神病者の精神症状は前頭葉に至る神経経路を遮断することによって改善されると考え,前頭葉白質内への無水アルコールの注入による神経繊維の凝固,および白質切截器leucotomeによる手術法を明らかにした。しかしモーニスの原法である前頭葉白質切截術frontal leucotomyはヨーロッパではあまり行われず,むしろアメリカにおいてフリーマンW.Freeman,ワッツJ.W.Wattsらによって発展させられた。日本では,とくに第2次大戦後の一時期,精神科の治療法の一つとして施行されていたが,向精神薬の導入や,脳に回復不能な影響を与えるだけに,とり返しのつかない後遺症をもたらし,治療効果にも疑問があるなどから,手術そのものへの厳しい批判もあり,行われなくなっている。…

※「Freeman,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Freeman,W.の関連キーワード金子賢謄本保有コーンバーグ(生化学者)サンタナ(Carlos Santana)ジェームズ(Elmore James)スライ&ザ・ファミリー・ストーン精神外科ダイソン文明ニュー・マッセズプエンテ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android