コーンバーグ(読み)こーんばーぐ(英語表記)Arthur Kornberg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンバーグ(生化学者)
こーんばーぐ
Arthur Kornberg
(1918―2007)

アメリカの生化学者。ロチェスター大学卒業。1947年メリーランド州の国立衛生研究所(NIH:National Institutes of Health)で酵素および代謝研究部主任。1953年ワシントン大学、1959年スタンフォード大学の教授。補酵素(NAD、FAD)の生合成や、核酸を含む中間代謝の酵素学的な研究に大きな業績をあげたのち、DNA(デオキシリボ核酸)の複製の研究に全力を集中した。1956年大腸菌からDNAポリメラーゼを分離精製し、これに大腸菌のDNAおよび4種類のヌクレオチドを加えて、無細胞系で人工的にDNAを合成することに成功し、またこの系で、生物活性のある1本鎖ファージの全合成にも成功した。この業績により、無細胞系でのRNA(リボ核酸)合成に成功したオチョアとともに、1959年、ノーベル医学生理学賞を受賞した。その後の研究によると、この酵素(DNAポリメラーゼ)は、大腸菌染色複製に際してのDNA鎖の伸長には関与しておらず、これには別のポリメラーゼ、ポリメラーゼが必要であることがわかった。ノーベル賞の対象となったポリメラーゼの発見ののちもファージ、大腸菌染色体の複製開始点を含むミニクロモソームなどを用いて、試験管内でのDNA合成機構の解明に貢献し続けた。著書に『DNA Replication』(1980年、第2版1992年。『DNA複製』)、『For the Love of Enzymes』(1989年。邦訳『それは失敗からはじまった』)などがある。[石館三枝子]
『新井賢一監訳、正井久雄・中山直樹訳『それは失敗からはじまった――生命分子の合成に賭けた男』(1991・羊土社) ▽アーサー・コーンバーグ著、上代淑人監修、宮島郁子・大石圭子訳『輝く二重らせん――バイオテクベンチャーの誕生』(1997・メディカル・サイエンス・インターナショナル) ▽DNA Replication(2nd ed.)(1992, W. H. Freeman, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android