コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GENOウイルス じぇのういるす

2件 の用語解説(GENOウイルスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

GENOウイルス

2009年4月以降、日本国内で感染被害が広がったコンピューターウイルスの一種。厳密にはトロイの木馬呼ばれるマルウエアである。外部から改ざんされたウェブページを表示しただけで別のウェブサイトからウイルスが自動でダウンロード、実行されてしまうドライブバイダウンロードという方式で被害を広げる。感染にはウェブブラウザーのプラグインとしても利用される「Adobe Reader(アドビ・リーダー)」や「Flash Player(フラッシュプレーヤー)」のセキュリティーホールを悪用しているが、両者ともすでにこのセキュリティーホールが修正されたバージョンが公開済みである。
GENOウイルスの名は、サイトを改ざんされウイルスの配布元の1つにされてしまった国内のPC通販サイトの名称に由来する。09年4月末から5月中旬にかけてこのウイルスへの感染が原因と見られる企業、個人サイトの改ざんが相次ぎ、同時期に新型インフルエンザ(H1N1型)も感染が拡大していたことからの連想もあってか、一部ではパニックとも取れる反応も見られた。
GENOウイルスに感染したパソコンは、次の3つの被害を受ける。まず、ウェブブラウザーに表示される検索サイトGoogle(グーグル)」の検索結果が改ざんされる。攻撃者の用意したウェブサイトに誘導され、別のウイルスに感染させられるなどの2次的な被害を受ける。第2に、サイト作者がGENOウイルスに感染したパソコンでウェブサイトを更新するためにFTPサーバーと通信した際にログイン情報を盗む。攻撃者はその情報を使い、外部サイトからGENOウイルスに感染させるようサイトを改ざんする。第3に、GENOウイルス自身が別のマルウエアをダウンロードし実行する。ダウンロードされるのは、攻撃者がインターネット経由で感染したパソコンにアクセスし、外部から制御可能にする「バックドア(裏口)」を設けるもので、後日さらに悪用される可能性がある。
また、感染したパソコンは全体の動作が体感できるほど遅くなるほか、ウィンドウズの「コマンドプロンプト」や「レジストリエディタ」が実行できなくなるなどの症状も現れる。
プログラムが改編された亜種の存在も確認されており、今後は他のセキュリティーホールによって感染するタイプが作られる可能性もあることから、Adobe ReaderやFlash Playerだけでなく、使用中のOS(基本ソフト)やアプリケーションソフト全般を最新に保ち、セキュリティーソフトを適切に運用することが求められる。

(斎藤幾郎 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジェノ‐ウイルス【GENOウイルス】

GENO virus》⇒ガンブラー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

GENOウイルスの関連キーワード日歩E型肝炎薬害肝炎救済法ひよりみ(日和見)感染医薬品の健康被害救済制度BSE全頭検査大阪大空襲レクサス東海地震の被害想定日本国内特許

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone