コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛痘 ぎゅうとうcowpox

翻訳|cowpox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛痘
ぎゅうとう
cowpox

ウイルスにより牛の皮膚,特に乳牛の乳頭,乳房に痘瘡のできる良性の牛のウイルス性伝染病。搾乳などで罹患牛に接触したり搾乳器具などに間接接触することで牛から人へも感染するが,発熱,リンパ節炎を伴い,発痘は手指などの局所にとどまる程度である。牛痘ウイルスは E.ジェンナーが人間の痘瘡の予防ワクチンとして用いたことで有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゅう‐とう〔ギウ‐〕【牛痘】

牛がかかる痘瘡(とうそう)。牛痘ウイルスは人間にも感染するが、軽症で済み、人間の痘瘡への免疫をも獲得するので種痘に利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

牛痘【ぎゅうとう】

ウシの皮膚疾患。ヒト天然痘ウイルスに似たウイルスによって起こる。普通は全身症状を起こさず,乳房に限局した数個の痘疱(とうほう)を生ずる。牛痘ウイルスはヒトの皮膚創傷から感染し痘疱を生ずるが,一度牛痘にかかれば,人痘(天然痘)に対する免疫を獲得する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

牛痘

 ウシ皮膚病を起こすウイルスの感染症で,ヒトにも感染する.ジェンナー (Jenner)が天然痘の免疫療法に用いたことで知られる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゅうとう【牛痘 cowpox】

ヒトの天然痘ウイルスに似たウイルスによって起こるウシの皮膚疾患。ジェンナーが〈牛痘にかかったから天然痘にかかる心配はない〉という乳搾りの娘の話からヒントを得て,種痘法を開発したことはよく知られている。種痘に用いられる牛痘ウイルスcowpox virusは,長い間ウシ,ヒツジなどの皮膚に植えついだものなので,現在の牛痘ウイルスとは異なってきており,ワクチニアウイルスvaccinia virusとよばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎゅうとう【牛痘】

牛の痘瘡とうそう。人には毒性が弱い。この痘漿を人体に接種して天然痘に対する免疫をつくる方法をジェンナーが考案した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の牛痘の言及

【ジェンナー】より

…牛痘種痘法を創始したイギリスの医師。グロスターシャーのバークリーで牧師スティーブンStephen J.の第6子として生まれた。…

【楢林宗建】より

…27年3月家督を相続し,永代長崎居住の佐賀藩医となり,藩のために海外事情収集の役割も担った。かねてシーボルトから学んだ牛痘接種法を実施するために尽力し,48年(嘉永1)来日のモーニケOtto G.J.Mohnikeにはかって海外から牛痘痂を取り寄せ,翌年それに成功し全国に普及する道を開いた。著書に《牛痘小考》《楢林煉膏書》ほかがある。…

※「牛痘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛痘の関連キーワードインゲンホウス種痘ウイルス中川五郎治長与専斎景山大徹モーニケ頓花秘訣長与俊達日野鼎哉前田元温井上宗端佐藤泰然笠原良策吉雄圭斎武谷祐之楢林宗建桑田立斎柴田方庵三宅董庵福島邦成

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛痘の関連情報