Gentianella auriculata(英語表記)Gentianellaauriculata

世界大百科事典内のGentianella auriculataの言及

【タカネリンドウ】より

… 日本の高山性リンドウ科植物には分布の極限されたものもある。北海道の礼文島,大平山などには,花冠裂片の内側に房状付属物をもち,萼裂片が耳状のチシマリンドウGentianella auriculata (Pall.) Gillettが,大雪山,夕張岳,日高山脈には萼裂片が線状披針形のユウバリリンドウG.yuparensis (Takeda) Satakeがみられ,その亜種オノエリンドウssp.takedae (Kitagawa) Toyokuniは,本州中部と北海道羊蹄山の高山帯にみられる。また全体小型で,花冠裂片の房状付属物が中央で2群に裂けるサンプクリンドウComastoma pulmonarium (Turcz.) Toyokuni ssp.sectum (Satake) Toyokuniは南アルプス高山帯の特産である。…

※「Gentianella auriculata」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android