タカネリンドウ(英語表記)Gentianopsis yabei (Takeda et Hara) Ma

世界大百科事典 第2版の解説

タカネリンドウ【Gentianopsis yabei (Takeda et Hara) Ma】

日本特産のリンドウ科の一・二年生高山植物。の高さ5~40cm。茎葉は広楕円状卵形から披針形で,長さ2~7cm。8~9月に,茎や先端に花を通常1個つける。花冠は長さ2.5~3.8cm,白色で4裂し,裂片はわずかに青みを帯び,へりは房状に裂ける。分布は白馬山系が中心で,そのためシロウマリンドウ別名がある。南アルプスには花冠裂片が青紫色の変種アカイシリンドウvar.akaisiensis Yamazakiがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android