コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Group 3規格

1件 の用語解説(Group 3規格の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Group 3規格

FAX(ファクシミリ)の通信規格の1つ。現在最も広く利用されているFAXの規格がこのGroup 3である。Group 3は、最高で9600bpsの速度でデータの送信が可能で、データ圧縮機能もあり、A4 1枚のデータを30秒から1分程度で送信できる(実際の送信時間はイメージの内容によって異なる)。Group 3のFAXには、標準モードとファインモードの2種類があり、標準モードでは水平方向×垂直方向の解像度が200dpi×100dpi、ファインモードでは、200dpi×200dpiでイメージを送信できる(ただし解像度をあげると、必然的に送信時間も長くなる)。現在市販されているモデムの中にはFAX機能を持つものも多い。これらが対応しているFAXの規格はほとんどがこのGroup 3規格である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Group 3規格の関連キーワードインターネットFAXファクシミリFAXモデムファクシミリ放送G3ファクシミリG4ファクシミリデジタルファクシミリファクスファックスジャックメモファクシミリ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone