コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージ いめえじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

イメージ

画像のこと。ベクタイメージというとドローデータのことを指し、ラスタイメージというとビットマップデータのことを指す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

イメージ

「イメージファイル」という場合は、通常、なんらかの「画像ファイル」のことを指します。また、より抽象的な「像」の意味で、「ディスクイメージ」として使われることもあります。ライティング・ソフトや仮想CD(DVD)ソフトなどで使われる言葉で、ファイルの並びやディスクの管理情報など、ディスクに書かれる(書かれた)内容をそのまま丸ごとひとつのファイルとしてハードディスク上に記録したものを指します。
⇨仮想CD/DVD、ライティング・ソフト

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

イメージ(image)

[名](スル)心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこと。「イメージがわく」「イメージをふくらませる」「企業イメージを高める」「電話の声からイメージした人と違う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イメージ

姿,かたどり,像(彫像,画像,映像,心像を含む),形,形象など,文脈に応じて多様に訳される語。ギリシア語エイコン,ファンタスマに対応するラテン語imagoに由来する。
→関連項目想像力

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イメージ【image】


[語義]
 ギリシア語のエイコンeikōnやファンタスマphantasmaに対応するラテン語のイマゴimagoに由来し,もともとは視覚的にとらえられたものの〈かたち〉を意味し,転じて諸感覚によってとらえられたものの心的表象を意味するようになった。また,写真や版画のように心的表象の物質化されたもの,想像の産物,夢想,白昼夢のように新しくつくり出された心的表象をもさす。イメージは視覚イメージだけにとどまらず,聴覚イメージ,嗅覚イメージ,味覚イメージ,触覚イメージというものもあるが,中心をなすのは統合力のつよい二つの感覚に関した,視覚イメージと聴覚イメージである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イメージ【image】

( 名 ) スル
心の中に思い浮かべる姿や情景。心象。形象。イマージュ。 「美しい-を描く」 「インドは暑い国という-がある」
心の中に思い描くこと。 「 -していたものと実際は全く違った」
〘心〙 目の前にない対象を直観的・具体的に思い描いた像。 「視覚的-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イメージ
image

ラテン語の imago (似像) に由来する。心像の意。 (1) 普通は観念を知的表象としてイメージから分つが,観念の源泉を感覚に求めた D.ヒューム,Th.ホッブズら経験論者は両者を同一視する。その場合でもイメージを形成するのは経験であって,外界からの直接的刺激によって形成されるとするエピクロスのエイドラとは区別される。イメージは広義においては知覚心像を含み,普通は想像や想起によって形成される心像をいう。イメージを観念と同一視する経験論では,それは意味のにない手とされるが,G.バークリーはイメージは必ず個別的であって普遍観念のイメージは形成しえないことを主張した。 J. P.サルトルはさらにイメージの存在自体が意味作用や対象指示作用に依存していることを指摘し,この点で画像との類似を認めるが,イメージではある建物の柱の数を数えられないように,それは物ではなく,意識の作用である点,画像と区別されるとした。 (2) イメージは物に対してのみならず,人間とその集団に対しても成立する。マス・メディアを中心とする通信技術の驚異的な発展は,膨大なメッセージを地球上にあふれさせ,現代人は何一つ体験することなしにあらゆる事象に対してイメージを形成しうるため,擬似イベントが事実を凌駕するという「幻影 (イメージ) の時代」に住むといわれる。国際政治の場では,豊富なメッセージは無知のカーテンを破って,より正確な対外イメージの形成を可能にするというプラスの側面と同時に,イデオロギーと結びついたイメージが硬直化し,国家間の相互理解を一層困難なものにするというマイナスの傾向も存在する。イメージの定着化という目標のためには,メッセージは可能なかぎり単純化され,シンボルという形に凝縮される。国際間の心理戦争におけるデマゴギー,企業宣伝のための商標,大衆運動におけるスローガンなどはその典型的な例であるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イメージ
いめーじ
image

像、表象、心像などの訳語が使われる。記憶しているもの、あるいは、刺激対象が目の前にないときなど思い出してふたたび表現するといった意味をもっている。また、視覚的、聴覚的、触覚的イメージなどのように、知覚対象の再生された直観的な像を意味することもあるが、この場合は、直観的で具体的な知覚像との区別ができにくい。ただ、イメージは知覚像よりは漠然としていて鮮明さを失っているといえよう。
 さらに、ある考え、態度、概念などのように、より抽象的な意味で使われる場合もある。たとえば企業イメージというときには、企業に対する態度、期待、総体的な感情的印象などを意味している。とくに商品イメージの場合、イメージとは消費行動への準備状態であり、態度と異なり安定性に乏しく、短期的でなく、意識とも異なり一貫性に欠け、あいまいで情緒的でもあるなど、きわめて複雑な心的特性の複合体である。
 このようにイメージは、具体的、実証的な知識によるよりも、直観的・感情的印象によって形成されるものであり、漠然としていながら行動を規定する力が強いといえる。経験的仮説によれば、イメージ(商品)から行動(消費)の予測が可能であるといわれる。[今井省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイメージの言及

【像】より

…物体の1点から出た光線束が光学系による反射と屈折を経た後,再び1点で交わるとき,光線束の出る物体の1点を物点,再び交わる1点を像点といい,像点の集まったものを像と呼ぶ。光学系を通過した光線束が実際に1点に集まる場合を実像real image,光線を逆向きに延長したときに1点で交わる場合を虚像virtual imageという。例えば凸レンズによる太陽の像は実像であるが,姿見に映った像は虚像である。実像の位置に感光材料をおけば像を記録できるが,虚像では不可能である。…

【鏡】より

…ただし古代の鏡は技術的に稚拙な銅鏡であり,それが映す像もおぼろげであった。像(イマーゴ,イメージ)が映ること自体が驚異であったことは確かだが,同時に映像は実体に劣るものという認識も確立した。プラトンのイデア論はこれを比喩に用いているし,キリスト教神学の基盤となったパウロの教え(《コリント人への第1の手紙》13:12)でも,現世の人間に可能な認識形態はおぼろげな鏡像にすぎぬ,という比喩を立てている。…

【記憶】より

…〈ナポレオン〉という知識に〈1769年〉という知識をつけ加えても,彼の誕生の記憶にはならないのである。それでは,再生とは伝統的にいわれてきたようにできごとの〈表象〉や〈心像(イメージ)〉が出現することであろうか。しかしその際,もしそれらが意識の面前にある何ものかを意味するとすれば,そこでわれわれは表象や心像という実在物の現前に立ち会うことはできても,過去にあったできごとを思い起こすことにはならないであろう。…

【合理主義】より

…マルクスの弁証法的唯物論による歴史の法則的把握も,サルトルのそれに対する実存主義的な補強も,その発展上に現れたものである。
[イメージの回復――合理主義と非合理主義の間]
 上述の,合理主義の形式化と内容の回復という問題は,非合理主義irrationalismの問題ともかかわらせてもっと広くとらえなおすと,イメージ(イメージ的全体性)の追放と回復の問題になる。デカルトの合理論哲学は,明証性を真理の基準として,疑わしいものをすべて排除していった。…

【図像】より

…単数あるいは複数の作られたイメージが,いろいろのレベルでの対応関係に基づいて意味することmeaningにかかわっているとき,そのイメージを図像という。したがって図像においては,そのイメージの形式よりは内容のほうが主として問題とされる。…

【表象】より

…しかし,もともとラテン語のrepraesentatioはギリシア語のphantasiaの訳語であり,対象を〈再re現前praesens化〉するという意味であるから,知覚と区別して,再生心像による対象意識,つまり記憶心像や想像心像だけを表象と呼ぶのが普通である。この場合はイメージ(心像)と同義である。心理学ではこの意味の表象として視覚表象だけではなく,聴覚表象,嗅覚表象,運動表象,混合表象をも認めている。…

※「イメージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イメージの関連キーワードCMOSイメージセンサーオプティカルスキャナーイメージサイトメトリーコーポレートイメージplus imageイメージキャンペーンアメリカンカジュアルプロダクトイメージパイロットルックCMOSセンサーイメージの差別化イメージサーチ都市のイメージ使用者イメージCCDセンサー撮像センサーイメージ選挙オンザフライ画像入力装置使用イメージ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イメージの関連情報