コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モデム モデム

11件 の用語解説(モデムの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

モデム

コンピューターのデジタル信号を、電話回線などで通信可能なアナログ信号(またはその逆)に変換する装置で、電話回線によるダイヤルアップ接続の際に使用される。単にモデムというとき、従来はアナログ電話回線のダイヤルアップ接続で使われる「アナログモデム」を指していた。しかし、最近ではADSL回線で使われるADSLモデムや、CATV回線で使われるケーブルモデムを指すことも多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

モデム

パソコンで音声通話用の電話回線(アナログ回線)を使ってインターネットと通信するときに使う機器です。かつては多くのパソコンが標準装備していました。外付け型やモバイル・パソコン用のPCカード型モデムもあります。パソコンのデジタル信号を音声信号に変換して送る役目と、同じように送られてきた音声信号をデジタル信号に戻す役目をもっています。同じ電話回線を使っていても、通信方式が異なるISDNではターミナル・アダプタ、ADSLではADSLモデムを使います。
⇨ADSL、ISDN、PCカード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モデム

MODEM(modulator demodulatorの略)。変復調装置とも。電話回線などでデータをやり取りする際に使用される変換装置で,コンピューター側のデジタル信号をいったんアナログ信号に変換(変調)して電話回線に送り,相手側のモデムで今度は逆の変換を行いデジタル信号に戻す(復調)。
→関連項目インターフェースデータ通信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

DBM用語辞典の解説

モデム【modem】

Modulator/demodulatorを略したもので、コンピュータのデジタル信号をアナログ信号に変換する電子機器。これによって、一般の電話回線を介して送信、またデジタル信号に戻して受信が可能となる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

モデム

「変復調装置」。電話回線を使って情報のやりとりをするための機材。コンピュータから送られてくるデジタルデータを音声信号に変換して電話回線に流したり、電話回線を通じて聞こえてくる音声信号をデジタルデータに変換したりする装置で、電話回線によるダイヤルアップ接続の際に使用される。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

モデム【modem】

変調復調装置。デジタル信号をアナログ信号に変調したり、逆にアナログ信号をデジタル信号に復調したりして、送受信を行う機器。一般に、電話回線を通じてコンピューターをインターネットに接続する際に用いられる。◇「modulator(変調器)」と「demodulator(復調器)」の混成語。CATV回線を使用するものは「ケーブルモデム」という。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モデム【modem】

変復調装置あるいは変復調器ともいう。通信回線を使って情報を伝送するときには,送信側で情報を回線に適合した信号に変換する変調器modulatorと,受信側の送られてきた信号を元の形式に戻す復調器demodulatorを必要とする。回線を使用して送信と受信の両方向の通信を行うためには変調,復調の両操作を行う装置が必要で,この装置をモデム(modulator‐demodulatorの略)という。モデムという用語はコンピューターと端末をアナログ電話回線で接続する場合のコンピューター側と端末側の変復調器のことをとくに指すこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モデム【modem】

〔modulator(変調器)+demodulator(復調器)から〕
コンピューターが送り出す信号を電話回線などの信号に変え、電話回線などにより送られた信号をコンピューターの信号にもどす装置。

モデム【MODEM】

〖modulator/demodulator〗
モデム

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モデム
モデム
modem

電話などの通信回線を使ってコンピュータからコンピュータにデータを送受信するときに使われる装置。変調復調装置 modulator demodulatorの略称。コンピュータ用のデジタル信号と電話回線用のアナログ信号を相互に変換する機能がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モデム
もでむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモデムの言及

【データ通信】より

…アナログ電話回線を通してデータを伝送する場合には300~3400Hzのアナログ電話帯域でデータを伝送するために,1200ビット/s以下の低速の場合には周波数変調方式が使用され,それ以上の高速の場合には多相位相変調,残留側波帯多値振幅変調が用いられる。これらの方式によって9600ビット/s,あるいは1万4400ビット/sのデータ伝送を電話回線を使用して伝送する方式が確立していて,利用される変復調装置はモデムmodemと呼ばれる。 データ伝送で双方向通信を行うときに1対の線を時間により切り替えて使う方式と,2対の線を用いる方式がある。…

【データ通信】より

…アナログ電話回線を通してデータを伝送する場合には300~3400Hzのアナログ電話帯域でデータを伝送するために,1200ビット/s以下の低速の場合には周波数変調方式が使用され,それ以上の高速の場合には多相位相変調,残留側波帯多値振幅変調が用いられる。これらの方式によって9600ビット/s,あるいは1万4400ビット/sのデータ伝送を電話回線を使用して伝送する方式が確立していて,利用される変復調装置はモデムmodemと呼ばれる。 データ伝送で双方向通信を行うときに1対の線を時間により切り替えて使う方式と,2対の線を用いる方式がある。…

※「モデム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モデムの関連キーワード復調変復調装置ボー反応装置検波伝送路MODEM光変調器通信機工業変復調器

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モデムの関連情報