コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HTTP-KeepAlive

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HTTP-KeepAlive

WWWサーバーとWWWクライアントが通信するためのプロトコルであるHTTPの拡張版。HTTPでは、基本的に画面データのダウンロードなど、1回のデータ交換を終了するたびに接続を解除するが、このHTTP-KeepAliveでは、接続を維持したまま(接続をオープンしたまま)複数のデータ転送を行なえる。このためHTTPに比較して高速なデータ転送が可能になる。ただしHTTP-KeepAliveによるデータ交換を行なうには、WWWサーバーおよびWWWブラウザーがこれに対応していなければならない。Microsoftは同社のWWWブラウザーであるInternet Explorerに組み込んでおり、HTTP-KeepAliveでの接続機能を「Fast Connect」と呼んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

HTTP-KeepAliveの関連キーワードプラグインモジュールケルン(ドイツ)ドメイン名アムステルダムISAPIエクステンションレーティングチャンネルケンブリッジ大学小諸(市)ホームページ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android