コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接続 セツゾク

デジタル大辞泉の解説

せつ‐ぞく【接続】

[名](スル)
二つ以上のものがつながること。また、つなぐこと。「スイッチの接続が悪い」「電気のコードを接続する」「文と文を接続する」
二つ以上の交通機関が連絡していること。「支線との接続がいい」「次の停車駅で急行と接続する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

接続

コネクション」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せつぞく【接続 connection】

多様体上に与えられた関数に対して微分概念を単純に拡張することはやさしい。しかし,それをベクトル場に対して行うとき,その拡張が座標系の選び方に依存するという不つごうが生ずる。この不つごうをある種の微分形式(とベクトル場との積)に吸収させることによって微分の一般化である共変微分が不ぐあいなく定義されるが,この目的に用いられる微分形式を接続形式,または略して接続という。あるいは近代的な用法では,ベクトル場に対して種々の方向への共変微分を対応させる操作そのものを接続ということもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せつぞく【接続】

( 名 ) スル
つなぐこと。つながること。 「二本のパイプを-する」
列車・電車・バスなどの交通機関が互いに連絡しあうこと。 「東京行きの特急に-している電車」 「 -が悪い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

接続の関連キーワードコネクト・タイム・フィー/コネクト・チャージtriple displayフルメッシュ型ネットワークPentium M BASダイヤルアップIP接続Thunderboltダイヤルアップルーターリング型ネットワークターミナルセッションスター型ネットワークターミナルサーバーモジュラーケーブルインターネット接続デュアルホーミングアップリンクポートマルチディスプレー2次プロバイダーインターフェースシリアルケーブルデイジーチェーン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接続の関連情報