接続(読み)せつぞく

精選版 日本国語大辞典「接続」の解説

せつ‐ぞく【接続】

〘名〙 つづくこと。つながること。また、つづけること。つなぐこと。
※大学垂加先生講義(1679)「血脈 人身の血脈でたとへて云。文理接続のなりを云ぞ」
※新聞雑誌‐四一号・明治五年(1872)四月「海外の線へ接続(セツゾク)(〈注〉ツツク)すべき重大の事業に付昨未十月厚き御布告の旨も有之候処」
※薪小屋(1962)〈庄野潤三〉一「この線がもっと大きな幹線鉄道に接続しているところまで行って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「接続」の解説

せつ‐ぞく【接続】

[名](スル)
二つ以上のものがつながること。また、つなぐこと。「スイッチの接続が悪い」「電気のコードを接続する」「文と文を接続する」
二つ以上の交通機関が連絡していること。「支線との接続がいい」「次の停車駅で急行と接続する」
[類語]連絡繋ぐつながり結び付き連係結う結ぶ結わえる縛るくくりつける取り結ぶ縛り付ける縛り上げる結い上げる結わえ付ける結わく継ぐつなぎ止めるもや結び付ける継ぎ合わせる結び合わせる連結

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「接続」の解説

せつぞく【接続 connection】

多様体上に与えられた関数に対して微分概念を単純に拡張することはやさしい。しかし,それをベクトル場に対して行うとき,その拡張が座標系の選び方に依存するという不つごうが生ずる。この不つごうをある種の微分形式(とベクトル場との)に吸収させることによって微分の一般化である共変微分が不ぐあいなく定義されるが,この目的に用いられる微分形式を接続形式,または略して接続という。あるいは近代的な用法では,ベクトル場に対して種々の方向への共変微分を対応させる操作そのものを接続ということもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android