コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hara Hara

世界大百科事典内のHaraの言及

【シバ】より

…ビシュヌやブラフマー(梵天)と並ぶヒンドゥー教の主神。《リグ・ベーダ》のルドラと同一視され,ハラHara,シャンカラŚaṃkara,マハーデーバMahādeva(大天),マヘーシュバラMaheśvara(大自在天)などの別名を有する。彼はまた世界を救うために,太古の〈乳海攪拌〉の際に世界を帰滅させようとする猛毒を飲み,青黒い頸をしているので,ニーラカンタNīlakaṇṭha(青頸(しようきよう))と呼ばれる。…

※「Hara」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Haraの関連キーワードYou're my sunshineキャラクターベースインターフェースcharacter goodsSHE!HER!HER!real Emotionセンブリ(リンドウ科)ひとりで生きるモン!カラパルガスン遺跡ハラバルガスン遺跡シャルリー・エブドミヤマウスユキソウ秘密捜査官オハラTogetherI'm HereCarry OnSTEP youglitterSparkle多バイト文字センニンソウ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Haraの関連情報