コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Harrison,L. HarrisonL

世界大百科事典内のHarrison,L.の言及

【打楽器】より

バレーズは騒音も整えることで音楽に成りうるとして打楽器だけの《イオニザシヨンIonisation》(1931)を作曲した。ケージ,ハリソンLou Harrison(1917‐ )らが打楽器を中心に新しい音楽を創り始め,さらにヨーロッパではメシアンシュトックハウゼンらも打楽器で独自の世界を開き,西洋の音楽芸術に新しいジャンルを形成するほどになっている。【有賀 誠門】。…

※「Harrison,L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Harrison,L.の関連キーワードクロノメーター帽子(ぼうし)国際連合本館ビートルズテラ・ロサバルバドス土カケルログシトンペドラ・デ・フェロモコ・デ・ヘイロロシェ・ア・ラヴェ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android