コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビートルズ ビートルズThe Beatles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビートルズ
The Beatles

1960年代に活躍したイギリスの音楽グループ。ロック音楽の全盛期 (1960年代半ばから 1970年代) への先導役を務めた。
メンバーは,ジョン・レノン (1940~1980) ,ポール・マッカートニー (1942~ ) ,ジョージ・ハリスン (1943~2001) ,リンゴ・スター (1940~ ) の4人で,全員がリバプールの出身。労働者階級に育ち,ビートルズ以前にさまざまなロックグループで経験を積んだ。
1956年にレノンとマッカートニーがグループを結成,1958年にハリスンが加わった。3人は (1962年に死亡した元メンバーのスチュアート・サトクリフと,後にリンゴ・スターと入れ替わった元メンバーのピート・ベストとともに) ,1960年にビートルズと名のり,リバプールや当時のロックミュージックにとって実験的な場所であったハンブルクのクラブで演奏するようになった。 1962年ブライアン・エプスタインのマネージメントでレコーディング契約を結び,リンゴ・スターを新メンバーに迎えた。レノンの印象的なハーモニカから始まるラブソング『ラブ・ミー・ドゥ』 Love Me Do (1962) でレコード・デビュー。その後立て続けに発売された『プリーズ・プリーズ・ミー』 Please Please Me (1963) ,『シー・ラブズ・ユー』 She Loves You (1963) ,『抱きしめたい』I Wanna Hold Your Hand (1963) によって,イギリスで最も人気のあるロックグループとなる。アメリカでは 1964年前半に『シー・ラブズ・ユー』『抱きしめたい』が発売され,『エド・サリバン・ショー』でのテレビ出演も相まって,のちにビートルマニアと呼ばれる現象が起こった。
1965年にはエリザベス女王から大英帝国五等勲功章 MBEを叙勲され,その功績が認められた。
チャック・ベリー,エルビス・プレスリー,ビル・ヘイリーといったアメリカ合衆国のミュージシャンに影響を受けた,ロックンロールが生まれた頃の新鮮さと興奮を思い出させるメロディーと,飾り気のない魅力的な歌詞が組み合わさって,ビートルズのレコードはヒットチャートのトップを走り続けた。また,彼らのマッシュルーム・カットと呼ばれた長髪と独特の服装はその音楽とともに世界中に広まった。コンサート・チケットは常に即日完売となり,従来のコンサート・ホールの枠に収まらなくなった人気は,ついに前代未聞の野球場でのコンサートを実現させた。 1966年来日。武道館をコンサートに使用したのは彼らがさきがけである。なお,公の場でのコンサートはこの年が最後となった。
彼らは,シングルもアルバムも,出すレコードはすべて確実な売り上げが見込めるという経済的基盤をもとに,実験的な楽曲の形態やアレンジを自由に試すことができた。その結果,『イエスタディ』 Yesterday (1965) のようなバラードから『ペイパーバック・ライター』 Paperback Writer (1966) のような複雑なリズムをもったもの,また『イエロー・サブマリン』 Yellow Submarine (1966) のような子供向けの歌から『エリナー・リグビー』 Eleanor Rigby (1966) のような社会的メッセージをこめた歌まで,彼らの曲はバラエティーに富んでいる。
1967年に発表された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』 Sergent Peppers Lonely Hearts Club Bandは,雑多な曲の寄せ集めではないトータル・コンセプト・アルバムと評価された。電子楽器・機器を多用し,ステージでは再現できない明らかなスタジオワークという点でも斬新なものだった。こうした実験的試みは,若者のみならず,ビートルズに批判的な評論家たちも絶賛した。彼らが開拓した新しい表現方法には他のミュージシャンたちもすぐに追随し,若者以外の,より多くのファンを獲得したのである。
その後ビートルズは活動範囲を広げ,メンバーのソロ活動も始まった。 1970年マッカートニーの脱退声明により解散。最後に制作したアルバム『アビイ・ロード』 Abbey Road (1969) は『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』と並ぶ傑作と評価されている。
1980年レノンはニューヨークの自宅前で狂信的ファンの一人に射殺された。 1995年彼の残した録音テープをもとに他の3人が 25年ぶりのビートルズの「新曲」を発表。話題を呼んだ。
代表曲は『ヘルプ!』 Help! (1965) ,『ヘイ・ジュード』 Hey,Jude (1968) ,『レット・イット・ビー』 Let It Be (1970) など多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビートルズ(The Beatles)

英国リバプールで結成されたロックグループ。ポール=マッカートニージョン=レノンジョージ=ハリソンリンゴ=スターの4人。「抱きしめたい」「イエスタデイ」「ヘイ‐ジュード」などのヒット曲を生み、1960年代以後の社会・文化に大きな影響を与えた。1970年に解散。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビートルズ

英国のポピュラー音楽のボーカル・インスツルメンタル・グループ。レノンJohn Lennon〔1940-1980〕,マッカートニーPaul McCartney〔1942-〕,スターRingo Starr〔1940-〕,ハリソンGeorge Harrison〔1943-2001〕のリバプール出身の4人から成る。
→関連項目キング・クリムゾングループ・サウンズハリソンベリーマックスリバプールレノンロック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビートルズ【The Beatles】

1960年代の若者文化の頂点に立ったイギリスのロック・グループ。ジョン・レノン(1940‐80),ポール・マッカートニーPaul McCartney(1942‐ ),ジョージ・ハリソンGeorge Harrison(1943‐ ),リンゴ・スターRingo Starr(1940‐ )の4人から成る。通常レノンとハリソンがギター,マッカートニーがベース,スターがドラムスを担当し,多くの場合レノンもしくはマッカートニーを中心に全員で歌った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビートルズ【The Beatles】

1960年代若者文化の頂点に立ったイギリスのロック-グループ。ジョン=レノン・ポール=マッカートニー・ジョージ=ハリソン・リンゴ=スターの四人。代表作「イエスタデイ」「エリナー=リグビー」「ヘイ-ジュード」など。70年解散。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビートルズ
びーとるず
The Beatles

イギリスのロック・グループ。ジョン・レノンJohn Lennon(1940―80、ギター)、ポール・マッカートニーPaul McCartney(1942― 、ベース)、ジョージ・ハリソンGeorge Harrison(1943―2001、ギター)、リンゴ・スターRingo Starr(1940― 、ドラムス)の4人。いずれもリバプール生まれ。ジョンが1953年末に結成したクォリーメンに56年ポールが、58年ジョージが参加、その後シルバー・ビートルズを経て60年にビートルズと改名、62年リンゴがピート・ベストの後任として参加。同年『ラブ・ミー・ドゥ』がヒット。64年初めに『抱きしめたい』がアメリカでも大ヒットして世界的なビートルズ旋風となる。現代人の思考と感情をジョンとポールを中心に優れた自作の詩と曲で表現し、ポピュラー音楽全般に強い影響を及ぼして新しい流れをつくり、史上もっとも偉大なグループと高く評価されている。また、彼ら4人の生き方は同世代の若者たちの強い共感をよび、その影響は音楽を超えて若者文化全般に及んだことも特記される。65年、外貨獲得の功績でエリザベス女王からMBE勲章を受章。66年(昭和41)6月、東京公演のため来日している。70年に解散、各自ソロ活動に入った。その後、何回も復活の噂(うわさ)が流れたが、ヨーコ・オノ(小野洋子)と結婚して話題をよんだジョンがニューヨークで射殺されたため、実現しないで終わった。[青木 啓]
『P・ブラウン、S・ゲインズ著、小林宏明訳『ビートルズ ラヴ・ユー・メイク』全二冊(1984・早川書房) ▽H・デヴィス著、小笠原豊樹・中田耕治訳『ビートルズ』増補版(1986・草思社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビートルズの言及

【ポピュラー音楽】より

…メディアはLPレコード,テレビ,FMラジオに切り替わり,音楽産業は多国籍複合企業体の支配下に置かれ,新しい情報産業の一環として,ペイオーラといった姑息な手段でなく,もっと大がかりで巧妙な大衆の意識操作による大量販売方式へと進んできている。 こうした音楽業界の内情とは裏腹に,1960年代のフォーク・ソングと新しいロックの台頭以後,ボブ・ディランビートルズに代表されるスーパースターたちは,音楽産業によって作り出されたというよりも,自分自身の音楽的姿勢のもとに自身が作詞・作曲し,手づくりでサウンドを発展させてきた。まして70年代にカリブ海の小さな黒人国ジャマイカで起こったレゲエ,80年代にアフリカのナイジェリアやザイール(現,コンゴ民主共和国)から世界に飛び出してきたアフロ・ミュージックなどは,巨大音楽産業の関知せぬところからこそ,真にインパクトのあるポピュラー音楽が生まれてくるということを示す。…

【ロック】より

… ロックを生んだ国アメリカがそうした状況にあったとき,意外にもイギリスから,新しいロックの動きが興ってきた。62年,ビートルズの《ラブ・ミー・ドゥーLove Me Do》に始まって,ローリング・ストーンズThe Rolling Stones,ジ・アニマルズThe Animalsなど多くのグループが,ロックの原点を取り戻し,アメリカの若者にも熱狂的に迎えられたのである。すぐそれに続いて,アメリカでも呼応するような動きが出た。…

※「ビートルズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビートルズの関連キーワードエヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキーザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビルオール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥホワット・ユーアー・ドゥーイングナット・ア・セカンド・タイムデヴィル・イン・ハー・ハートマザー・ネイチャーズ・サンアイル・フォロー・ザ・サンベイビーズ・イン・ブラックキャント・バイ・ミー・ラブHELP! 四人はアイドルオール・マイ・ラヴィングアイム・ソー・タイアードクライ・ベイビー・クライドント・パス・ミー・バイアンド・アイ・ラヴ・ハーロング・ロング・ロングエヴリ・リトル・シングホールド・ミー・タイトハード・デイズ・ナイト

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビートルズの関連情報