コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICOT あいこっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ICOT

新世代コンピューター技術開発機構。通商産業省(現経済産業省)が推進していた「第5世代コンピューター開発プロジェクト」の中核組織。並列推進処理の開発などの成果を残したが、1998年に解散。その後先端情報技術研究所(AITEC)に引き継がれたが、2004年3月にAITECが廃止され、現在は先端情報技術調査・普及グループ(AITRG)によって、第5世代コンピューターに関する技術の普及が図られている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のICOTの言及

【コンピューター産業】より

…汎用コンピューターは使われる電子素子やアーキテクチャー(設計思想)などの違いから,第1世代(真空管),第2世代(トランジスター),第3世代(IC),第3.5世代(LSI),第4世代(超LSI)と世代区分でき,現在は第4世代への移行期といわれている。なお1990年代初めころを目途に,推論,学習,知識データベース,知的インターフェースなど従来のコンピューターにない機能をもつ第5世代コンピューターを開発しようと,通産省は1982年に研究開発の主体となる新世代コンピューター技術開発機構(ICOT)を発足させ,研究活動を開始した(1993年終結)。これには工業技術院電子技術総合研究所,電電公社,民間企業8社の技術者が参加していた(現,NTT)。…

※「ICOT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ICOTの関連キーワード新世代コンピューター技術開発機構リコッタ・アッラ・パンナミコット・エンド・バサライソニコチン酸ヒドラジドRicottaVeil副腎皮質刺激ホルモンサイクス=ピコ協定サイクスピコ協定ピコティタイトタバコ(煙草)テレケミックAsukaニコチン剤トリコット内乱の予感脳ホルモン中黒艶揺蚊中帯艶揺蚊腹帯薊馬ニコチン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android