コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IGC あいじーしー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IGC
あいじーしー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のIGCの言及

【国際地理学連合】より

…IGUと略す。1871年にアントワープにおいて第1回の国際地理学会議(IGC)が開催され,それ以来3年ごとに会議が開かれたが,1922年7月には恒久的機関として国際地理学連合(IGU)が設置された。82年現在83ヵ国が加盟,会長,8人の副会長,事務局長からなる執行委員会がその運営にあたる。…

※「IGC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IGCの関連キーワードカブラル(Amilcar Cabral)ペドロ・ベロナ・ロドリゲス ピレスギニア・カーボベルデ独立アフリカ党ヨーロッパ憲法制定条約マラン・バカイ サンハ地質科学国際研究計画国際静穏太陽観測年石炭ガス化複合発電国際地理学連合L. カブラル世界ジオパークギニア・ビサウA. カブラルヨーロッパ連合石炭火力発電国際小麦協定カーボベルデnanaco国際穀物協定ペレイラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

IGCの関連情報