Illés E.(英語表記)IllesE

世界大百科事典内のIllés E.の言及

【ハンガリー】より


[社会主義期]
 第2次大戦後,ハンガリーは,諸党間の抗争を経て1949年人民共和国になった。50年代までは,戦前活躍した農民派の作家サボーSzabó Pál(1893‐1970),ベレシュVeres Péter(1897‐1970),ネーメトら,また亡命先や獄中から社会復帰したデーリやイレーシュIllés Endre(1895‐1974)らコミュニスト作家が長編を次々に発表した。しかしこの時期は,ラーコシの個人崇拝の時代で,文学においても教条主義がみられ,真の戦後文学が開花するのは56年のハンガリー事件以降である。…

※「Illés E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android