コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオ

翻訳|

デジタル大辞泉の解説

イオ(Iō)

ギリシャ神話で、ゼウスの妻ヘラに仕えた美しい女官。ゼウスに愛されたが、ヘラの怒りを恐れたゼウスに牝牛に変えられ世界中を放浪。最後にエジプトで人間の姿にもどされた。エジプトの女神イシスと同一視された。
(Io)木星の第1衛星で、すべての衛星のうち5番目に木星に近い軌道を回る。1610年にガリレオ=ガリレイが発見。名はに由来。1979年に探査機ボイジャーが火山活動を確認。木星の強い引力による地殻のみによるものと思われる。直径は約3600キロ(地球の約0.29倍)。平均表面温度はセ氏マイナス140度。

アイ‐オー【I/O】[input/output]

input/output入出力。特に、コンピューター入出力装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イオの関連キーワードMSDOS.SYS/IBMBIO.COMIO.SYS/IBMBIO.SYSヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)Christmas Love次亜ヨウ素酸(次亜沃素酸)Strong Heart過ヨウ素酸(過沃素酸)相互コンダクタンスモノヨード酢酸カバルカンティアーノルド試薬ベルトルッチパンツィーニレドックス脱珪酸作用ICERDOCCTO国際教育局JITCO過ヨウ素酸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イオの関連情報