コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jīmūtavāhana Jimutavahana

世界大百科事典内のJīmūtavāhanaの言及

【ダーヤバーガ学派】より

…インドの2ヒンドゥー法学派の一つ。《ダーヤバーガ》は11世紀末ベンガルでジームータバーハナJīmūtavāhanaが著した合同家族と相続に関する法律書で,後世これの注釈があいついで作られ,ベンガルの法学派が形成され,イギリス支配時代にはベンガルのヒンドゥー家族法の法源とされた。インドの他の地方の法源となったミタークシャラー学派の法に対して,この法では,家父長は大きな権限をもち,家産に対する息子の権利は出生によって生ずるのではなく,父の死後に生ずるとされ,息子たちや叔父・甥が家産を合同に所有する場合,各人はそれぞれの持分をもち,その分は他の成員の同意を得ることなしに処分できた。…

※「Jīmūtavāhana」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Jīmūtavāhanaの関連キーワードダーヤバーガ学派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android