ハサン・イ・ルームルー(英語表記)Ḥasan-i Rūmlū

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハサン・イ・ルームルー
Ḥasan-i Rūmlū

[生]1530/1531. クム
[没]1578?
イラン,サファビー朝の軍人,歴史家。 1541/2年からクズルバシュ近衛兵としてタハマースプ1世の諸遠征に従う。タハマースプ没後,イスマーイール2世 (在位 1576~78) 擁立派に加わり,ムハンマド (在位 78~87) の即位とともに処刑されたという。その著"Ahsan al-Tavārīkh"は 1578年にいたる 12巻の総合史であったが,現存するのは 1405~1578年の部分だけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android