コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jリート

2件 の用語解説(Jリートの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Jリート

投資家から集めた資金でビルやマンションを建設・購入し、賃貸料や売却益で配当する仕組み。企業の株式にあたる「投資口」が東京証券取引所で取引されている。01年にスタートし、現在41銘柄が上場。相場の指標となる東証REIT指数は、ピークの07年5月には2612ポイントまで上昇した。しかし、金融危機不動産市況の悪化で、指数は現在3分の1程度に落ち込んでいる。

(2009-04-04 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Jリート
じぇーりーと

日本における不動産投資信託、また、それを行う不動産投資法人。不動産投資信託の英語表記Real Estate Investment Trustの頭文字にJapanのJを加えてJ-REITと表記される。もともと投資信託は有価証券を対象とした金融商品であるが、その仕組みを実物資産である不動産に適用したもので、REITは1960年代にアメリカで始まった。一般投資家から幅広く資金を集めてオフィスビル、商業施設などに投資する。賃貸収入、売却益などの一部を投資家へ配当すると同時に、事業拡大投資へも振り向けていく。日本では2000年(平成12)11月に「投資信託及び投資法人に関する法律」が改正され、2001年9月、東京証券取引所に2銘柄が上場してスタートした。賃貸住宅系、商業施設系、オフィスビル系、統合型などさまざまなREITが上場しており、2013年3月時点で39銘柄が上場している。また、2012年12月にシンガポール政府傘下の物流施設会社であるGLP投資法人、2013年2月にはアメリカの物流施設の建設・運営大手である日本プロロジスリート投資法人が上場した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Jリートの関連情報