JACL(読み)ジェーエーシーエル

翻訳|JACL

デジタル大辞泉の解説

ジェー‐エー‐シー‐エル【JACL】[Japanese American Citizens League]

Japanese American Citizens League日系アメリカ人市民連盟。1929年、アジア人排斥の風潮に抗して設立。日米戦争中も活動は続け、1960年代には少数民族派の市民権運動に加わり、他のアジア系移住者との協力関係を強めている。本部はサンフランシスコ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のJACLの言及

【日系アメリカ人】より

… 戦後,日系人の相当数は旧来の土地に戻り,戦争中の処遇に対する名誉回復が課類となった。全米日系市民協会Japanese American Citizens League(略称JACL,1930結成)の努力により,1948年強制立退き損害賠償請求法(請求期間は1950年まで)が成立,不十分な内容ではあったが,強制立退きの違法性が明らかとなった。一世の帰化もウォルター=マッカラン法(1952)により可能となり,外国人土地法も徐々に撤廃された(カリフォルニア州は1956年)。…

※「JACL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android