風潮(読み)ふうちょう

精選版 日本国語大辞典「風潮」の解説

ふう‐ちょう ‥テウ【風潮】

〘名〙
① 風と潮。また、風に従って流れる潮。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「併しながら風潮の便を仮らぬ泅手は骨が折るるも当然の理」 〔祖‐望海詩〕
② 世間一般の傾向。世の中のなりゆき。時勢
※学制に関する勅諭‐明治一五年(1882)二月二一日「然ども、爾後或は風潮に逐はれ、更に独逸に倣ふべく」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉五「彼様(ああ)いふ悪い風潮に染まないやうに」

かざ‐しお ‥しほ【風潮】

〘名〙 台風など強風のために海面水位が上昇して起こる高潮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風潮」の解説

ふう‐ちょう〔‐テウ〕【風潮】

風と潮。また、風によって起こる潮の流れ。
時代の推移に伴って変わる世の中のありさま。「時代の風潮に逆らう」

かざ‐しお〔‐しほ〕【風潮】

台風などの強風によって起こる高潮。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android