コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Javaアプレット じゃばあぷれっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Javaアプレット

Webブラウザー上で動作するJavaプログラム。Webブラウザー上で動的なコンテンツを動作させたり、ユーザーの操作によって何らかの結果を返すようなアプリケーションを実現できる。初回のアクセス時にプログラムがローカルのハードディスクにダウンロードされ、JavaのVM(Virtual Machine)上で実行される。セキュリティ上の制限から、ローカルでは「サンドボックス」と呼ばれる隔離空間に保存され、ハードディスクのアプリケーションを呼び出したり、ダウンロード元のWebサーバー以外と通信できないようになっていることでセキュリティが高められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ジャバアプレット【Javaアプレット】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じてダウンロードされ、ウェブブラウザーで実行される、Javaによる小規模なプログラム。印刷物のような動きのない文書を表示するだけではなく、動きや対話性のある表現を可能とする。◇略して「アプレット」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

Javaアプレットの関連キーワードIntel Quick Web TechnologyMac OS Runtime for JavaJavaアプリケーションホームページProActive XDirectorサーバーサイドServletHotJavaバンダルJDKウェブ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android