コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Javaアプレット じゃばあぷれっと

3件 の用語解説(Javaアプレットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Javaアプレット

Webブラウザー上で動作するJavaプログラムWebブラウザー上で動的なコンテンツを動作させたり、ユーザーの操作によって何らかの結果を返すようなアプリケーションを実現できる。初回のアクセス時にプログラムがローカルハードディスクダウンロードされ、JavaのVM(Virtual Machine)上で実行される。セキュリティ上の制限から、ローカルでは「サンドボックス」と呼ばれる隔離空間に保存され、ハードディスクのアプリケーションを呼び出したり、ダウンロード元のWebサーバー以外と通信できないようになっていることでセキュリティが高められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジャバ‐アプレット(Java applet)

Java言語で記述された小規模なプログラム。インターネットなどのコンピューターネットワークを通じてダウンロードされ、ブラウザーで実行される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ジャバアプレット【Javaアプレット】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じてダウンロードされ、ウェブブラウザーで実行される、Javaによる小規模なプログラム。印刷物のような動きのない文書を表示するだけではなく、動きや対話性のある表現を可能とする。◇略して「アプレット」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Javaアプレットの関連キーワードアプレットWebサーバーWebブラウザーサーブレットCGIJavaブラウザーブラウザークラッシャーヘルパーアプリケーションRIA

Javaアプレットの関連情報