コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Karl Friedrich KarlFriedrich

世界大百科事典内のKarl Friedrichの言及

【バーデン】より


[歴史]
 12世紀以降ツェーリングZähring家の下でバーデン辺境伯領が形成されるが,この国は相続による分割と統合を繰り返し,16世紀以降カトリックのバーデン・バーデンBaden‐Badenとプロテスタントのバーデン・ドゥルラハBaden‐Durlachの2邦に整理されるが,両邦ともライン右岸に飛び飛びに領地をもつにすぎなかった。 ドイツの有力な領邦としてのバーデンの発展はドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒKarl Friedrich(1728‐1811)の時代以降のことである。彼は1771年バーデン・バーデンをも相続して両邦を統合,啓蒙絶対主義の改革(農法の改善,農奴制の廃止,拷問の廃止等)を行って国の威信を高めた。…

※「Karl Friedrich」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Karl Friedrichの関連キーワードウンダーリヒ(Karl Reinhold August Wunderlich)リーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)クーロン(Charles Augustin de Coulomb)シュタウディンガー(Hermann Staudinger)カントル(Moritz Benedict Cantor)ウェーバー(Wilhelm Eduard Weber)ワーグナー(Rudolf Wagner)グリーン(George Green)ボヤイ(Bolyai Farkas)ボヤイ(Bolyai János)シェーン(プロイセンの政治家)ベルリン・ドイツ・オペラフリッツ ウンダーリヒミュンヒハウゼン物語シュレーディンガー三月革命(ドイツ)バーデン(ドイツ)アイゼンシュタイン横メルカトル図法クロム酸カリウム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android