Koprivštica(英語表記)Koprivstica

世界大百科事典内のKoprivšticaの言及

【ブルガリア】より

…教会の独立は教区の設定を含んでいたため,マケドニアなどの後の領土問題に禍根を残すことになった。 一方,ガブロボ,コテルKotel,コプリフシティツァKoprivšticaといったバルカン山中の職人の町では,ギリシア人の支配していた教会とは独立したブルガリア語による世俗教育が整備された。 1839年にオスマン政府により〈ギュルハネの改革勅令〉(タンジマート)が発布されると,教育が急速に普及し,ウィーンやオデッサやモスクワで教育を続ける青年も現れた。…

※「Koprivštica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android