コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Koprivštica Koprivstica

世界大百科事典内のKoprivšticaの言及

【ブルガリア】より

…教会の独立は教区の設定を含んでいたため,マケドニアなどの後の領土問題に禍根を残すことになった。 一方,ガブロボ,コテルKotel,コプリフシティツァKoprivšticaといったバルカン山中の職人の町では,ギリシア人の支配していた教会とは独立したブルガリア語による世俗教育が整備された。 1839年にオスマン政府により〈ギュルハネの改革勅令〉(タンジマート)が発布されると,教育が急速に普及し,ウィーンやオデッサやモスクワで教育を続ける青年も現れた。…

※「Koprivštica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Koprivšticaの関連キーワードサントーメ・プリンシペアルベルディサントス・モンテホサントーメ・プリンシペシエラネブリハパスコアイスバーロスビラックベリョ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android