コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルディ アルベルディ Alberdi, Juan Bautista

2件 の用語解説(アルベルディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベルディ
アルベルディ
Alberdi, Juan Bautista

[生]1810.8.29. ツクマン
[没]1884.6.18. パリ
アルゼンチンの法律家,政治思想家。 1838年 J.ロサスの独裁に反対して亡命。ウルグアイで法律を学び,さらにチリのバルパライソに移住。 52年ロサス失脚後はヨーロッパアメリカで大使をつとめるかたわら,著作活動をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルベルディ【Juan Bautista Alberdi】

1810‐84
アルゼンチンの政治家。トゥクマン州生れ。ブエノス・アイレスで〈1837年世代〉グループとともに文芸サークル〈五月協会〉を結成。ロサス独裁政権を批判して,1838年ウルグアイへ亡命,以後,チリ,ヨーロッパでロサス政権批判の文筆活動を展開した。オーギュスト・コントに傾倒した実証主義者で,52年《アルゼンチン共和国建設の基礎と出発点》を出版,同書の思想に依拠して,53年共和国憲法の起草者となる。ヨーロッパ移民の受入れと,外資・技術導入の重要性を強調。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルベルディの関連キーワードトゥクマンアルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴプエルトイグアストゥクトゥクアルゼンチンワインヒアネオトゥクマン,S.M.deトゥクマン大学《トゥクマンの月》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルベルディの関連情報