コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルディ(英語表記)Alberdi, Juan Bautista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベルディ
Alberdi, Juan Bautista

[生]1810.8.29. ツクマン
[没]1884.6.18. パリ
アルゼンチンの法律家,政治思想家。 1838年 J.ロサスの独裁に反対して亡命。ウルグアイで法律を学び,さらにチリのバルパライソに移住。 52年ロサス失脚後はヨーロッパやアメリカで大使をつとめるかたわら,著作活動をした。同年サンタフェで開かれた憲法会議に送った『アルゼンチン共和国の政治組織の根本点と出発点』 Bases y punto de partida para la organización política de la República Argentinaと題する論文やその他多くの著作は,アルゼンチンの政治と憲法に大きな影響を与え,ラテンアメリカの偉大な政治的指導者といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルベルディ【Juan Bautista Alberdi】

1810‐84
アルゼンチンの政治家。トゥクマン州生れ。ブエノス・アイレスで〈1837年世代〉グループとともに文芸サークル〈五月協会〉を結成。ロサス独裁政権を批判して,1838年ウルグアイへ亡命,以後,チリ,ヨーロッパでロサス政権批判の文筆活動を展開した。オーギュスト・コントに傾倒した実証主義者で,52年《アルゼンチン共和国建設の基礎と出発点》を出版,同書の思想に依拠して,53年共和国憲法の起草者となる。ヨーロッパ移民の受入れと,外資・技術導入の重要性を強調。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android