コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーキングホリデー ワーキングホリデー working holiday

3件 の用語解説(ワーキングホリデーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーキングホリデー
ワーキングホリデー
working holiday

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進することを目的とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワーキング‐ホリデー(working holiday)

特に青少年に対し、他国で働きながら休暇を楽しむのを認める制度。通常、観光ビザでの労働は許されないが、青少年が他国の理解を深めることを目的として特別に許可するもの。ワーホリ
[補説]英連邦諸国の間で始まった制度だが、日本でも取り入れられ、2015年7月現在、14か国・地域との間で実施されている。
相手国制度開始年
オーストラリア1980
ニュージーランド1985
カナダ1986
韓国1999
フランス2000
ドイツ2000
英国2001
アイルランド2007
デンマーク2007
台湾2009
香港2010
ノルウェー2013
ポルトガル2015
ポーランド2015

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ワーキングホリデー【Working Holiday】

青少年が海外旅行中、訪問国で労働することを認める制度。日本は1980年(昭和55)オーストラリアとの間で始めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーキングホリデーの関連キーワード触穢忌諱に触れる事に触れて耳目に触れる目に触れる折に触れてポジティブ・オフ三清閣アーバンツーリズムワタリ (Tie of the Mane)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワーキングホリデーの関連情報