コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスコアイス Pascoais, Teixeira de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスコアイス
Pascoais, Teixeira de

[生]1878.11.2. アマランテ
[没]1952.12.14. アマランテ
ポルトガルの詩人。本名 Joaquim Pereia Teixeira de Vasconcelos。 1910年コインブラ大学法学部を卒業,弁護士となったが,同年の共和政宣言を機に,J.コルテザンらとともに「ポルトガル・ルネサンス運動」というグループを結成して,機関誌『鷲』 Águiaを発刊。 12年,小論『ポルトガル精神と懐古主義』O Espírito Lusitano e O Saudosismoを発表。象徴主義の影響を受けた愛国的な懐古主義の指導者として知られている。代表作『イエスとパン』 Jesus e Pan (1903) ,『影』 As Sombras (07) ,『マラーヌス』 Marânus (11) ,『天国復帰』 Regresso ao Paraíso (12) など。評論『哲学,詩および宗教の表現におけるポルトガル人の才能』O Génio Português na sua Expressão Filosófica,Poética e Religiosa (13) ,小説『2人のジャーナリスト』 Dois Jornalistas (51) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パスコアイスの関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人エアトンメンデンホールローレンツゴールドシュミットシュテルンベルグハリス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android