コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Liriope Liriope

世界大百科事典内のLiriopeの言及

【ヤブラン】より

…暖帯の照葉樹林下に普通にみられるユリ科の多年草(イラスト)。葉に縞斑(しまふ)や虎斑(とらふ)の入るもの,新葉時だけ白い葉などの園芸品種も育成されている。本州,四国,九州に野生し,朝鮮半島南部と中国大陸に分布する。葉はすべて根出葉となり,線形で長さ30~60cm。花茎は高さ30~50cmで上部は総状花序となる。花期は8月。花は3~8個ずつ集まってつき,斜上向きに咲く。花被は6枚あり,紫色,長さ約4mm。…

※「Liriope」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Liriopeの関連キーワードジャノヒゲ斑入藪蘭唐傘水母小藪蘭麦門冬藪蘭

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android