コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦門冬 バクモンドウ

4件 の用語解説(麦門冬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばくもんどう【麦門冬】

ジャノヒゲまたはヤブランの塊根。漢方で、強壮・鎮咳(ちんがい)・去痰(きょたん)に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ばくもんどう【麦門冬】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ユリ科ジャノヒゲ塊茎(かいけい)を乾燥したもの。強壮解熱鎮咳(ちんがい)などの作用がある。気管支炎気管支喘息(ぜんそく)痰(たん)の切れにくい咳(せき)に効く麦門冬湯(とう)月経不順更年期障害足腰の冷えに効く温経(うんけい)湯心臓神経症動悸(どうき)息切れに効く炙甘草(しゃかんぞう)湯などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばくもんどう【麦門冬】

ジャノヒゲの漢名。また、その根の塊状部を乾燥させた生薬。滋養・強壮・鎮咳などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦門冬
ばくもんどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の麦門冬の言及

【ジャノヒゲ】より

…丸い種子は子どもが遊びに使う。根の球状のこぶを乾かしたものは麦門冬(ばくもんどう)と呼ばれて薬用とされ,滋養強壮などの効があるといわれる。野生のものには葉の長い系統が多いが,チャボリュウノヒゲのように小型になって,葉が密生するものや,斑(ふ)入りになった品種が観賞用に栽植される。…

※「麦門冬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

麦門冬の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麦門冬の関連情報