コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M1

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

M1

Cyrixが開発したのx86互換プロセッサーである6x86の開発コード名。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐ワン(M1/M1)

日本銀行が集計・公表するマネーストック統計指標の一つで、現金通貨預金通貨の合計。→M2M3広義流動性
[補説]日本銀行は郵政民営化や金融商品の多様化などによる環境の変化に対応するため、従来の「マネーサプライ統計」を見直し、集計対象や指標の定義を改定。平成20年(2008)6月から名称を「マネーストック統計」に変更した。マネーサプライ統計のM1では、日本銀行・国内銀行(ゆうちょ銀行を除く)・外国銀行在日支店・信用金庫信金中央金庫農林中央金庫商工組合中央金庫などが発行する現金通貨・要求払預金を集計対象としていたが、マネーストック統計のM1では、ゆうちょ銀行・農業協同組合信用組合などを含めた預金を扱う全ての金融機関が対象となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

M1

〔M は male(男性)の頭文字〕
テレビ視聴率測定における対象者の区分の一。20~34 歳の男性をさす。 〔35~49 歳は M2、50 歳以上は M3。女性は F で区分する〕 → F1

M1

日銀による通貨供給量の指標の一。現金通貨と、全国の金融機関(銀行・信用金庫・農林中金・商工中金)の要求払い預金とを併せたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

M1の関連キーワードカークウッド‐ライズマンの粘度式ニュートンの万有引力の法則マイケルソンの干渉計ファインマン‐ロス法レオン チャンスラーマイケルソン干渉計メイヨー‐ルイス式マネー・サプライマネー・サプライM14ライフルM1アストレイガントチャートマグニチュードメシエカタログかに(蟹)星雲スンジの定理M1M2M3通貨供給量M2+CDCyrix

M1の関連情報