コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M1

4件 の用語解説(M1の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

M1

Cyrixが開発したのx86互換プロセッサーである6x86開発コード名

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エム‐ワン(M1/M1)

日本銀行が集計・公表するマネーストック統計の指標の一つで、現金通貨預金通貨の合計。→M2M3広義流動性
[補説]日本銀行は郵政民営化金融商品の多様化などによる環境の変化に対応するため、従来の「マネーサプライ統計」を見直し、集計対象や指標の定義を改定。平成20年(2008)6月から名称を「マネーストック統計」に変更した。マネーサプライ統計のM1では、日本銀行・国内銀行(ゆうちょ銀行を除く)・外国銀行在日支店・信用金庫信金中央金庫農林中央金庫商工組合中央金庫などが発行する現金通貨要求払預金を集計対象としていたが、マネーストック統計のM1では、ゆうちょ銀行農業協同組合信用組合などを含めた預金を扱う全ての金融機関が対象となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

M1

〔M は male(男性)の頭文字〕
テレビ視聴率測定における対象者の区分の一。20~34 歳の男性をさす。 〔35~49 歳は M2、50 歳以上は M3。女性は F で区分する〕 → F1

M1

日銀による通貨供給量の指標の一。現金通貨と、全国の金融機関(銀行・信用金庫・農林中金・商工中金)の要求払い預金とを併せたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M1の関連キーワード広義流動性M2M2+CDM3バブルマネーマネーストックマネーストック統計マネー、マネー、マネーハイパワードマネー(High-powered money)マネタリー・ベース(Monetary base)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

M1の関連情報