池井戸潤(読み)いけいどじゅん

知恵蔵miniの解説

池井戸潤

日本の作家岐阜県生まれ。慶應義塾大学を卒業し、88年銀行に入行。95年に退行し、作家として活動。98年、『果つる底なき』(講談社)で第44回江戸川乱歩賞受賞小説家デビュー。2010年、『鉄の骨』(講談社)で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。11年、『下町ロケット』(小学館)で第145回直木賞を受賞。企業・経済小説を中心に、幅広いジャンルのエンターテイメント小説を書き続けている。『オレたちバブル入行組』(04年、文藝春秋)、『オレたち花のバブル組』(08年6月、文藝春秋)の2冊を原作とし13年にドラマ化された「半沢直樹」(TBS、主演・堺雅人)が大ヒットし、大きな注目を浴びた。

(2013-8-29)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池井戸潤 いけいど-じゅん

1963- 平成時代の小説家。
昭和38年生まれ。平成10年「果つる底なき」で江戸川乱歩賞。22年「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞。23年日本の下町の技術や職人を描いた「下町ロケット」で直木賞。岐阜県出身。慶大卒。作品はほかに「オレたちバブル入行組」「空飛ぶタイヤ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池井戸潤の関連情報