コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M2 えむつー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

M2

Cyrixが開発したPentium Processor with MMX Technology/Pentium Ⅱ対抗のx86互換プロセッサーである6x86MXの開発コード名。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐ツー(M2/M2)

日本銀行が集計・公表するマネーストック統計の指標の一つで、現金通貨と国内銀行等に預けられた預金の合計。→M1M3広義流動性
[補説]日本銀行は郵政民営化や金融商品の多様化などによる環境の変化に対応するため、従来の「マネーサプライ統計」を見直し、集計対象や指標の定義を改定。平成20年(2008)6月から名称を「マネーストック統計」に変更した。マネーストック統計のM2の集計対象はマネーサプライ統計のM2+CDとほぼ同じだが、非居住者の預金が除外されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

M2

日銀による通貨供給量の指標の一。M1 と、M1 の金融機関の定期預金とを併せたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

M2の関連情報