コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MA米 MAまい/えむえーまいminimum access rice

知恵蔵の解説

MA米

1993年のGATT(ガット)・ウルグアイラウンド農業合意において、包括的関税化の原則とともに、国内消費量の一定割合を最低限輸入機会として設定し、その割合を段階的に増やすというミニマムアクセス(MA)が盛り込まれた。日本の米は関税化の特例措置が認められたが、日本政府はその代償措置として通常のMAの割増率(初年度に基準期間の国内消費量の3%→最終年度5%)よりも高い割増率(4%→8%)の追加的措置を受け入れた。このMAによって輸入されている米のことをMA米という。99年4月に特例措置から関税化に移行したが、MA米は通常の割増率に戻るのではなく、加重された輸入量のままである。MA米は国内生産量にかかわりなく一定量が輸入されるので、実質的に米の需給に影響を与えている。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MA米

日本はコメの輸入に数百%の関税をかけて国産米生産を保護する代わり、最低限の輸入機会(ミニマム・アクセス)を提供することになっている。その枠として輸入しているのがMA米。WTO(世界貿易機関)の前身、関税及び貿易に関する一般協定(GATT)のウルグアイ・ラウンド農業合意を受けて95年に始まり、これまでに約900万トンを輸入した。政府は「MA米導入に伴う転作の強化はしない」との方針を示している。一方、今年9月、基準を超える農薬などが検出された事故米を業者が食用に不正転売していたことが発覚。その多くがMA米だったことで、国の管理方法が批判を浴びた。

(2008-11-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

MA米の関連キーワードミニマム・アクセス(MA)米加工品の原料米

MA米の関連情報