コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOR エムオーアールmiddle of the road

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MOR
エムオーアール
middle of the road

気楽に聴ける音楽を総称していう。これといった音楽のジャンルにこだわらず,クラシックをポピュラーにアレンジしたものやイージー・リスニング,ムード・ミュージック,軽いロックやボーカルなどを含む。バック・ミュージックとして気にならない程度の軽い音楽。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐オー‐アール【MOR】[middle-of-the-road]

middle-of-the-road》気軽に聴ける親しみやすいポップミュージック。→エー‐オー‐アール(AOR)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

MOR

〖middle of the road〗
ポップスにもロックにも分類できない中間的な軽音楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のMORの言及

【香料】より

…ボスウェリア属の植物の芳香ゴム樹脂で,たけば優雅な香煙を出すが,甘美な香りである。没薬はアッカド語でmurru,ヘブライ語でmor,アラビア語でmurr,ギリシア語でmyrraで,この意味は刺激が〈強い(ビターbitter)〉である。赤褐色の不規則な塊状のゴム樹脂で,乳白色でミルクのしたたりが固まったような乳香と対照的なにおいである。…

※「MOR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

MORの関連キーワードマウントラシュモア国立記念物USBメモリーウイルスガブリエル 不滅の愛アブレーション氷堆石ティモールラウト諸島カピタン(日本史)聖ガブリエル修道院マイク バーニカーリンカーン記念館モルベフナム教会全自形粒状組織果てしなき明日USBメモリーラテリタイト他形等粒組織多形仮像現象アンザリー沼無地鬼秧鶏鋸目黄下翅主メモリー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android