コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MSK 震度階

1件 の用語解説(MSK 震度階の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

MSK 震度階

〔MSK は、作成者の名 Medevedev、Sponheuer、Karnik から〕
震度を表す階級の一。1~12 の階級に分かれる。震度階を世界的に統一するために、改正メルカリ震度階を修正して 1964 年に提唱された。日本では用いられていない。 → 震度階級

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のMSK 震度階の言及

【震度】より

…日本では表,表(つづき)に示す10階級の〈気象庁震度階級〉が使われているが,外国では1から12までの12階級のものを用いることがふつうで,その代表的なものは〈改正メルカリ震度階(MM震度階)〉(1931)である。また国際的に共用することをめざして〈MSK震度階〉(1963)が作られたが,あまり普及していない。日本の震度階は1884年に微・弱・強・烈の4階級のものを制定したのが初めで,98年に弱震を弱震(弱キ方)と弱震に,強震を強震(弱キ方)と強震に分け6階級とした。…

※「MSK 震度階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone