コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mani Mani

世界大百科事典内のManiの言及

【マニ教】より

…イラン人マニMani(216‐276∥277。正確にはマーニーMānī)によって3世紀に創始,唱導された二元論的宗教。当時のゾロアスター教を教義の母体として,これにキリスト教,メソポタミアのグノーシス主義と伝統的土着信仰,さらには仏教までを摂取,融合した世界宗教である。その徹底した二元論的教義では,光と闇,善と悪,精神と物質とが截然と分かたれていた始源のコスモスへの復帰を軸として,マニ教独自の救済教義が宇宙論的に展開される。…

※「Mani」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Maniの関連キーワードbeatmania IIDX 3rd styleアルマーニ・コード・ファムcollect maniaアブラハム イェホシュアファイブロライト片岩チマニマニ国立公園ヴァレリア ドビチブールコンポーゼ西赤頭烏帽子鳥都会を動かす手セイヨウナシガゴメコンブ新渡戸枝尺蠖マニヒキ環礁灰長石斑糲岩イーマニー山ストラーティ今西偽大蚊アルマーニ波条尖翅蛾

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Maniの関連情報