コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

McMillan,E.M. McMillanEM

世界大百科事典内のMcMillan,E.M.の言及

【化学】より

…この発見が直ちに原子爆弾の可能性を示すものと指摘された。超ウラン元素の追求も続けられ,マクミランEdwin Mattison McMillan(1907‐91)は初の超ウラン元素ネプツニウムを発見した(1940)。その後シーボーグGlenn Theodore Seaborg(1912‐ )らは,進歩した加速器を用いて数々の超ウラン元素をつくり確認し,これら超ウラン元素の化学を確立した。…

【超ウラン元素】より

…1937年,それまで地球上には存在しないと思われていた43番元素がはじめて人工的につくられ,さらに40年ころまでに85番元素や61番元素の製造に成功して以来,天然に存在する最も重い元素のウランよりもさらに重い元素をつくる試みがなされるようになった。そして40年,アメリカのマクミランE.M.McMillanらがウランに中性子を照射して93番元素ネプツニウムをつくり,さらに238Uを重陽子で衝撃して238Npをつくると,これがβ崩壊して94番元素プルトニウムが得られることを見いだした。ただし42年,天然に存在するウラン中にもプルトニウムの存在することが見いだされている。…

※「McMillan,E.M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

McMillan,E.M.の関連キーワード署長マクミラン超ウラン元素ネプツニウムプルトニウムナースリー・スクールエーベルソンシーボーグ超ウラン元素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android