超ウラン元素(読み)チョウウランゲンソ

化学辞典 第2版の解説

超ウラン元素
チョウウランゲンソ
transuranic elements, transuranium elements

原子番号93番以上の人工放射性元素.1940年以前には自然界に存在する元素のなかで,原子番号92のウランが周期表の最後の元素であったが,原子核反応で93番元素ネプツニウムが見いだされたため,ウランより原子番号の大きい元素を超ウラン元素とよぶようになった.2008年のIUPACの周期表には,111番元素まで記載されている.103番元素ローレンシウムまではアクチノイドに属する元素.104番元素ラザホージウム以降は遷移元素.また,104番以降は超アクチノイド元素ともよばれる.[別用語参照]ネプツニウムプルトニウムアメリシウムキュリウムバークリウムカリホルニウムアインスタイニウムフェルミウムメンデレビウムノーベリウムローレンシウムラザホージウムドブニウムシーボーギウムボーリウムハッシウムマイトネリウムダームスタチウムレントゲニウムコペルニシウムウンウントリウムフレロビウムウンウンペンチウムリバモリウムウンウンオクチウム

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超ウラン元素
ちょううらんげんそ
trans-uranium element

原子番号92のウランよりも原子番号の大きい元素の総称であるが、すべてが人工合成された放射性元素である。1940年にアメリカのE・M・マクミランらによって93番元素ネプツニウムが合成されて以来、加速器、原子炉の発達によって、主としてアメリカにおいて次々に103番ローレンシウムまでが合成された。104番以降の元素も超ウラン元素であることに違いはないが、アクチノイドの元素ではなくなる。98番カリホルニウムまでは、化学実験が可能となるマクロ量で得られており、物理的性質や化学的性質の研究が進んでいる。

 一般に超――元素とは、その元素より原子番号の大きな元素群をさし、超ウラン元素のなかでも、歴史的経過や便宜のうえで、超プルトニウム元素、超キュリウム元素などとよばれた分類が行われたこともある。104番以降については、超ローレンシウム元素あるいは超アクチノイド元素とよぶこともできる。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうウラン‐げんそ テウウラン‥【超ウラン元素】

〘名〙 (ウランはUran) 原子番号九二番のウランよりも原子番号の大きい元素。このうち Np (ネプツニウム)・ Pu (プルトニウム)・ Am (アメリシウム)・ Cm (キュリウム)・ Bk (バークリウム)・ Cf (カリホルニウム)・ Es (アインシュタイニウム)・ Fm (フェルミウム)・ Md (メンデレビウム)・ No (ノーベリウム)・ Lw (ローレンシウム)の一一元素は周期律表第3族のアクチニド元素に含まれる。原子核にα(アルファ)粒子・中性子などをあてて人工的につくりだした人工放射性元素で、ネプツニウム、プルトニウムが鉱物中に微量に存在するほか、天然には存在しない。
※技術革新(1958)〈星野芳郎〉一「その物質を超ウラン元素と名づけたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

超ウラン元素【ちょうウランげんそ】

ウランより原子番号の大きい元素の総称。いずれも人工放射性元素で,2008年現在,国際純正・応用化学連合(IUPAC)で制定されている元素記号では,111番のレントゲニウムRgまでの111種が命名され,元素名の定まっていない112〜116,118番元素は暫定的に組織名(ラテン語の数字の頭文字に金属を表す語尾iumを付け,たとえば,112はun un bium,Uub)を使用する。これらは各国で合成に成功した報告がなされているが,117番元素は追試が待たれている。
→関連項目シーボーグフェルミもんじゅ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超ウラン元素
ちょうウランげんそ
transuranium elements

原子番号ウランの 92より大きい元素。天然には存在せず,ウランに中性子を順次吸収させ,あるいは質量数 200以上の原子核に重イオンビームを照射吸収させてつくる。1940年アメリカ合衆国のエドウィン・マクミランとフィリップ・エーベルソンが原子番号 93のネプツニウムをつくり,以後次々に新しい超ウラン元素がつくられた。(→人工元素

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうウランげんそ【超ウラン元素 transuranic elements】

周期表ウランよりも原子番号の大きい元素,すなわち93番元素以降の元素の総称。1937年,それまで地球上には存在しないと思われていた43番元素がはじめて人工的につくられ,さらに40年ころまでに85番元素や61番元素の製造に成功して以来,天然に存在する最も重い元素のウランよりもさらに重い元素をつくる試みがなされるようになった。そして40年,アメリカのマクミランE.M.McMillanらがウランに中性子を照射して93番元素ネプツニウムをつくり,さらに238Uを重陽子で衝撃して238Npをつくると,これがβ崩壊して94番元素プルトニウムが得られることを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の超ウラン元素の言及

【人工元素】より

…天然に存在せず,人工的方法(核反応)によってのみ作り出される元素をいう。ふつう,周期表上原子番号43のテクネチウムTc,61のプロメチウムPm,85のアスタチンAt,87のフランシウムFr,および93のネプツニウムNp以降の諸元素(超ウラン元素)を人工元素とみることが多い。しかし,この定義は厳密なものとはいえない。…

※「超ウラン元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android